月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のいぶし銀
 日本で初めてのインディペンデント(いわゆる“インディー”)団体が産ぶ声を上げたのは、今から20年前の1989年4月30日。後楽園ホールでパイオニア戦志の旗揚げ戦が開催された。所属レスラーは、いずれも国際プロレス出身の剛竜馬、高杉正彦、アポロ菅原の3選手。メインで“エース”の剛と対戦したのは、FMWを結成する以前の大仁田厚だった。
 …と、ここまでの史実は、たいがいのマニアが押さえているだろう。この時、数名の若者がパイオニアの練習生としてリングに上がり、観客の前で公開練習に臨んでいる。いわば、彼らはインディーの1期生であるが、その“生き残り”が松崎和彦だ。
 業界が全体的にミクロ化する流れの中で、松崎も近年は生まれ故郷の後楽園ホールから遠ざかり、主に新宿FACEや新木場1stRING、西調布アリーナ、地元のラゾーナ川崎プラザソルといった小会場でファイトしているが、その堅実な技巧は錆びつくどころか円熟味を増すばかり。
 当年とってジャスト40歳。しかし、まだまだ肉体的にも若く、リングコンディションの良さは相変わらずだ。キャリアの浅いレスラーの実戦コーチとして、これ以上ない、うってつけの存在である。彼のような名バイプレイヤーを、もっともっと活かすことをプロレス界には望みたい。
スポンサーサイト

10年前の冬
 あちこちで触れられていると思うが、10年前(1999年)の1月31日といえば、“東洋の巨人”ジャイアント馬場が61歳で世を去った日であり、その同じ日に後楽園ホールで闘龍門JAPAN(ドラゴンゲートの前身)が日本逆上陸第1戦(事実上の旗揚げ戦)を開催している。
 馬場逝去の事実は1日伏せられ、公表に踏み切られたのは翌2月1日。当時、週刊ファイトの記者だった筆者は、日曜の昼12時に開始された闘龍門1・31後楽園の取材を終えて帰宅後、ビッグニュースを知るよしもなく、翌月曜朝の締め切りに試合レポートを間に合わせるべくワープロへ向かった(月曜は特に締め切りが早かったのだ)。
 さて、翌日の月曜になって馬場さんの死が明るみに出たものだから(正式発表は夕刻)、その日が全体の締め切りとなる専門週刊紙誌ご三家(ファイト、週プロ、ゴング)の編集部は、表紙(1面)の差し替えから何やら、もう大変な状況に陥ったわけだ。
 その渦中で、大阪に本拠を置くファイトの首都圏在住スタッフとして、さぞかし目まぐるしく動き回ったことと思われそうだが……はっきり言って、この時ほど疎外感を味わったことはない(苦笑)。実際、2月1日からの1週間は、ファイトの記者を務めていた期間の中で最も仕事が少なかった。
 そこにはファイト特有の事情があって、そのことについては機会を改めて詳述するとして、とにかく暇だったので、試合中のアクシデントで足の筋肉を断裂して手術を受けた某選手の療養先を訪ねた。案の定「大丈夫なの? こんな時に」と見舞った側が心配されてしまったが、やはり自然と馬場さんの話題になり、その時に彼が漏らした一言が妙に印象に残っている。
  「しかし、巨人症としては、おそらくギネス級の長生きだね」という、本人としては別に悪気も何もない率直な感想を聞いて、なかなか鋭い指摘だと感心したものだが、おそらく一般的には不適切な発言と思われてしまうんだろうなぁ…。 

聖地へ
 8月9日。今日は、61年前、長崎に原爆が投下された日である。そして、今から25年前の昭和56年8月9日、最果ての地・羅臼でIWE国際プロレス『'81ビッグサマー・シリーズ』最終戦が開催された。これが国際プロレスにとって最後の興行となった。
 それから丸25年が経った今日、我らが“聖地”浦和に一人、詣でてきた。見えざる力に導かれ、道を歩んできて十数年。この道の先に何があるのか、それはわからない。しかし、まだ同じ道を歩んでいく。霞の中にも道はある。天上の星が我が道を照らしてくれる。

Since1999(魔暦元年)
 8月4日。この日は我がメモリアルデーである。7年前、まだギリギリ20代だったオレは、思うところあって某F紙を離れ、一フリーライターとして再出発することになった。そして、個人事務所「office Dreams」の“旗揚げ記念日”を、その年の8月4日に決めた。
 と言っても、事務所開きをしたわけでもない。会社登記をしたわけでもない(「office Dreams」というのは単なる屋号であり、実体はないに等しい)。実際は、「office Dreams」なる名称を、その何年か前から使っていた。ただ自分自身の気持ちの中で、一つのケジメとして8月4日を記念日に決めただけだ。
 では、なぜ8月4日なのか? その日付には訳がある。8月4日という日は、阿修羅・原が長岡の地で3年ぶりのリング復帰を果たした日なのである。だから、自らの再出発記念日も同じ8月4日にしようと思ったのだった。
 あの日、原の復帰戦で肌を合わせた天龍源一郎は、盟友の再起に「嬉しくて泣いたのは初めてだ」とコメントを残した。その夜、多くの人が嬉し涙を流した。2階席で闘い模様を見つめていた若かりし日のオレも、そんな一人であった。嬉しくて泣いたのは初めてだった。
 あれから15年、プロレスを見て嬉しくて泣いたことは、まだ一度もない……。
 
[READ MORE...]
6・2
 今日は6月2日である(そんなん、みんな知ってるよ!)。さて、では6月2日が何の日かというと…猪木の「舌出し失神KO負け」事件で知られる第1回IWGP決勝の日? 甘い! ってか、そっちが何億倍も一般的だが。
 オレにとって、6月2日といえば、「湘南プロレス」の旗揚げ記念日なのだ。ちょうど今から10年前、平塚市在住のベテランレスラー・高杉政彦選手をトップに据えて、湘南プロレスは旗揚げした。
 何を隠そう、その湘南プロレスの唯一のフロントスタッフ(と言うか、何と言うか…)だったのが、かく言うオレなのだ。パンフレットの製作やポスターの発注、プレスリリースの作成&送信といった広報関係の業務を一手に担当し、そのほかにもいろいろやっていた(高杉代表の酒の相手など)。
 そうそう、レスラーとサーフボードをイメージしたロゴマーク! あれは、元・高杉ジム会員のM獣医のアイディアを拝借してオレがイメージを考え、美大卒の母親と中学・高校で美術部員だった弟に原画を任せ、印刷会社に勤めるKさんが仕上げてくれた、みんなの合作だったよなぁ~(今、明かされる秘話! …なんちゃって)。
 そのほかにも、旗揚げ戦の当日、会場へ来てくれた近所の人たちをはじめ、多くの方々にお世話になった。いろいろ大変だったけど、10年経って振り返ると、やっぱりいい思い出だ。それはまぁ、あれから10年経った今、こうして曲がりなりにも生き永らえているからこそ、そう思えるわけだが(苦笑)。
 あの頃は何も先が見えていなかったけど、なるべく深く考えず、すぐ目の前だけを見るようにしていた気がする(笑)。もう今はそうはいかない。“年を食った”とは思わない。あの頃が“若かった”だけ。いいんじゃないのかな? あの時キ~ミは~…じゃなくて、自分が若かったと思える日々があるってことは。

[READ MORE...]
ブログ記念日☆
 今日は昼前から外出の予定だったが、いざ出かけようと表に出てみると、目の前をチラチラと粉雪が舞っているではないか!
 そこで軟弱にも断念し(笑)、急遽自宅待機に切り替えた(今日どうしても行かなければならない、という用件ではなかったので)。
 それでも夜には別件で(こちらは必ず)出かけるのだが。午後になって外の様子を見たら、あっさり雪は止んでいた。とはいえ、やはり寒いことは寒い。

 さて、そういったわけで、日中は家で過ごすことに決めたオレは……

[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。