月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんちゃって」の上乗せ
 さぁ、前回どうしようもなく強引かつ中途半端な終わり方をした市民マラソン初参戦(10kmだけど)の巻を、例によって1週間ぶりの再開。受付も済ませ、いよいよ着替えて出走の準備…と思ったところで、ハプニング発生!! ってより、大ボーンヘッド発覚だな……。
 なななんと、着替えの中にショートパンツがないっっ!(がーん)そういえば、しまった覚えがない…それじゃあるわけないよな。女性ランナーたちの健康的なヒップを(文字通り)尻目に、ここまで来て参加取り止めか…。でっかいバスタオルを持ってきてたので、それを腰に巻き付けようかとも思ったけど、そりゃさすがにできんわ(笑)。
 そこへ現れたよ、救いの主が。先にハーフ(20km)を走り終えていたマラソンの師・K氏が、「そんなこともあろうかと」(談)この想定外の事態を想定し、余分を持ってきてくれていたのだ!!! グレイト。しかし、それを想定されちゃうオレって……。
 まぁ、というわけで無事にスタート。で、どうにかこうにか1時間かけてコースを踏破したってことは、すでに書いたよね。それだけ。詳しく話せって? いやいや、こういうのは参加することに意味があるんだから。「気持ちいい汗を流しました。また参加したいです」ってことで。
 ……いや、実はさ、これが自分が今どれぐらいの距離まで到達してるのか(つまり、残り何Kmか)さっぱりわからない不案内なコースでね。ゴールしてから、本当は10kmに到達してないんじゃないか?って疑念が、どんどん膨れてきて、ほとんど確信に変わっているという(同じ場所を何周かするので、ごまかすつもりはなくても、結果そうなってしまう可能性は十分あるのだ)。
 まっ、いっしょ。1時間あまり歩を止めなかったのは事実だから。とりあえずはそれで自己満足。次回は、せめて最低限コンディションを整えて臨み、ちゃんとコースを把握してゴールしたいなと。「なんちゃって超人」の前に、もう一つ“なんちゃって”が付くってオチで!
スポンサーサイト

なんちゃって超人
 本業以外は(笑)つくづく中途半端なオレ様に、昨日また一つ“なんちゃって”な肩書きが加わった。市民マラソン大会に参加し、10kmのコースを走ったり歩いたりして、とにもかくにも1時間ほどで踏破。これで“なんちゃってランナー”だぜ!
 “なんちゃって空手家”に加えて“なんちゃってランナー”、学生時代には体育の授業(笑)でレスリングを選択した“なんちゃってレスラー”だし(実は畏れ多くも某道場のリングでスパーリング経験あり。って言っても、いいとこ“実験台”程度)、やはり学生時代に茅ヶ崎の名門TSGに通っていた(ベンチプレス最高記録100kg)“なんちゃってビルダー”。いっそ“なんちゃってスポーツ冒険家”とでも名乗ろうか。
 さて、例によって話が横道に逸れたが、ちょっと昨日の顛末でも書くとしよう。まず前夜、27日の晩、オレ様は久々に気分の良い酒を1時半ごろまで飲んでいた(笑)。帰って寝たのが、なんだかんだで3時は過ぎていたはず。翌朝は8時起きだ。
 ここで二度寝してしまったら、それも運命と思ったが、不思議と一発で起床に成功。第一関門クリアだ。電車にも乗り遅れず、午前11時の受付締め切りにも間に合い(本当は少し遅れたが、少々の遅れはセーフと事前に情報を得ていた)、第二関門もクリア。「急いで来て汗だくですね。ご苦労様です。頑張ってください」と係の人は愛想よく言ってくれたけど、汗の半分は前夜の酒だ。
 さぁ、これで問題なしだと思ったのだが、この後、衝撃の展開が! …って、ここで次回に持ち込んだら、さすがに読んでる人たちは怒るかな?(笑)。まぁまぁ、そんな怒らないで。…って、誰も怒らないか、このブログに最初から過剰な期待を抱いていないから(苦笑)。それはオレも同じなんだよ(爆)。…って、本当に終わるつもりか!? こら~待てぇ~~~~~~………
 
優良推奨株
 17日(日)は、JAなんすん(南駿)主催の物産展に沼津プロレスが参加すると聞きつけ、ちょっと様子を見に行ってきた。沼津の名産品が立ち並ぶイベント会場の中に、みかん戦士「寿太郎」(じゅたろう)、お茶戦士カテキング、お魚戦士ヒラキング、牛神ザ・グレート・アシタカら名産品の化身たちが紛れ込み(?)、自分たちのブースを開いているというわけだ。なんだかおもしろそうな図でしょ?
 庭の樹に高く昇りすぎて降りられなくなった愛猫を、出がけ前に救出してから(笑)沼津へ向かい、午後1時半ごろ物産展の会場に到着。“沼プロ”のブースでは、彼らが自らの身を削って売っていた…はずもなく、Tシャツなどの団体グッズが販売されていた(名産品キャラクター勢のほかに、エースのMAX宮沢、駿河永悟、石川美津穂の各選手、キャラクターデザインを手がける漫画家の茶畑るり嬢、高橋裕一郎代表らが参加)。
 物産展の会場であるキラメッセぬまづには、これまで幾度となく足を運んできたが、プロレス興行以外のイベントで訪れるのは初めてだった。ちなみに、これまで同会場では、ざっと思い浮かぶだけでも、大日本プロ、大仁田興行、闘龍門JAPAN、SPWF、WJ、大阪プロなど多数の団体の興行を観ている。
 そんなこんなで、ここ数年来、だいたい年に2~3回は沼津を訪問しているのだが、今年は9月の沼プロ旗揚げ戦、11月の第2戦、そして今日と同団体がらみばかりで計3度の沼津行きとなった。これもやはり、何かの縁なのだろう。来年2月10日(土)の第3戦(ホテル沼津キャッスル、午後5時試合開始)にも、事情が許せば顔を出したいものだ。
 物産展の終了後、場所を移してのCM撮りも見学させてもらった。“沼プロファミリー”総出演のCMは、地元TV局で来年から放映とのこと。これもまたおもしろすぎる絵なので、沼津周辺の人たちは要チェック。オンエア情報などの詳細は、同団体のオフィシャルHPや公式ブログに近くUPされ…るでしょ? 坂口広報!(笑)。

               DSCF9852.jpg
差し入れの寿太郎みかん缶詰を手にする寿太郎選手(笑)

恐竜の肉
 21日(火)の発売を前に完成した我らが力作「プロレス ザ・レトロマニア」を取りに18日(土)の夕刻“ベ社”(別称“ベース”)編集企画部を訪問。すっかり当ブログのレギュラー登場人物となった編集者K氏と、そのまま2度目の打ち上げへ。
 今回は、この本のアートディレクションを担当したデザイナーⅠさん行きつけの、ザ・デストロイヤーも馴染みという六本木のドイツパブ(?)に乱入。Ⅰさんと同じ本に関わるのは4度目ながら、酒席を共にさせていただくのは初めてだったが、快くホームグラウンドに招いてくださった。
 そこでご馳走になったのが、アイスバインなるドイツの名物料理。これがとにかくでっかい肉の塊で、まるで「はじめ人間ギャートルズ」とか漫画やアニメに出てくる恐竜かマンモスの肉みたいなごっつさ(実際には豚肉とのこと)。
 それを一人で食いきるよう面白半分に強要(?)されたのだが、アルコールを嗜むとむしろ胃拡張気味になるという特異体質の持ち主のオレ様は堂々の完食! ごっつぁんした。でも、油をふんだんに使っているはずの料理なのに、ちっとも胸にムカムカこない絶妙の味だったな~。
 …というわけで、「プロレス ザ・レトロマニア」は、いよいよ21日(火)発売です!(って、くどいよ!!)

ディスカバリー・ジャパン
           柘植駅

 14日(金)からの旅は有意義なものとなった。関東を離れ、大阪へと向かったが、品川から乗った新幹線を名古屋で降り、関西本線に乗り継ぐ経路を選択。これまで未乗区間だった三重県を通過(亀山で加茂行きに乗り換え)。のどかで風情に富んだ景色を味わった。
 夕刻に大阪に到着し、投宿先の府下K市へ移動。この夜、さらに翌15日(土)と2晩連続で兄弟分と杯を酌み交わし、深夜まで語らった。彼の地元の知り合いの方たちにもお世話になり、楽しい時間を過ごすことができた。
 15日の午後には、空き時間を利用して南海線で和歌山方面へ。前日の三重に続き、やはり未乗区間だった和歌山県をクリアし、本州の全都府県を一通り鉄道で旅したことになる(通過しただけの県も少なくないが)。
 これで北海道と本州を(とりあえず)制覇。残るは四国西部の2県(愛媛、高知)と九州南部の2県(宮崎、鹿児島)の計4県に…いや、あと沖縄も入れて5県か(沖縄には、いわゆる“鉄道”は走っていないが、モノレール線が通っているのだ)。
 ちなみにF紙の取材記者として全国を飛び回っていた経験が“本州制覇”に貢献しているかといえば、実はほとんど(まったく、だな)関係ない。当時、本州内では関東一円をはじめ宮城、新潟などへ出張したが(ほかに北海道、九州へも)、どの県もそれ以前に一度は訪れていた…恐るべし、なんちゃって鉄道おたく! と、我ながら思ってしまう。
 話は脱線したが(鉄道ネタだけに“脱線”はマズいか?)、いよいよ鉄道で旅していない県が残り5となり、ようやくリーチがかかってきた感じ。とはいえ、どこも関東から遠い県ばかり。また仮に“全県制覇”を達成しても、まだ乗っていない路線は(近県にも)いくらでもある。
 まぁ、しょせん“なんちゃって”なので、すべての鉄道路線を乗り尽くそうとか、そこまでの執着はない。ただ、好きは好き。鉄道旅行は数少ない趣味の一つだ。これからも、わざわざ最短経路を避けて目的地まで遠回りしたりして、自分なりの旅を楽しんでいきたい。
 ……って、なんかオレの人生みたいだな(苦笑)。とにもかくにも、急がず気ままに我が“ディスカバリー・ジャパン”の旅は、まだまだずっと続いていく。命あるかぎり“旅人”でいたいね(なんちゃって)。

[READ MORE...]
カズのゴールが見た~い~(見た~い~)♪
 一昨日(22日)は予定通り昼過ぎにプリンスとS市U区のK駅前で合流し、一緒に昼メシを食ってから墓参へ。偉大なる父上の墓前に手を合わせてきた。そして、その後は予想通り、再会を祝して……いや~、これが効いたわ。
 夕方(ヘタしたら、まだ4時前だったかも…)から氏の自宅で杯を酌み交わし(飲み屋は開いてない時間なので)、気がつけば6時を過ぎていた。実は、午前中に送信しなければならない原稿が1本あったため、そいつを早起き(当社比)して片付けてから出かけた事情もあって、けっこう寝不足気味だった。
 そこに昼酒(夕酒?)はキクね~。20代の頃は真っ昼間から半日ぐらい呑み続けることも珍しくなかったけど、最近は自制しているものでね(…と、あくまで慣れの問題であって、トシのせいではないと言っているわけだが、何か?)。
 あやうく夜の会合に都心へ繰り出すのが面倒くさくなりかけたものの、気の置けない仲間たちとの約束をホゴにするオレじゃない。律儀な男で通っているんでね…って、そおゆう問題か!? まぁ電車移動の時間を利してリフレッシュ(笑)に成功し(確信犯的に少し遠回りした)、また楽しく飲み直したのだった。みんな元気に頑張っているようだ。いい励みになった。

 さてさて、昨日(23日)は愛娘のんのが獣医デビュー。と言っても、もちろん獣医としてデビューしたわけでなく(当たり前だ!)、近所の動物病院へ初めて連れて行ったというハナシ。のんのはケージに入れて運ばれたのだが、行き帰りも病院の診察台の上でも、いい子に大人しくしていてくれた(普段は活発に飛び回るオテンバ娘なのに)。
 健康状態は良好とのことで、耳をかゆそうにしていたのも病院で薬をつけてもらって気にならなくなったようだ(耳に薬をつけてもらう時、さすがにひゃっこかったらしく、ちょっぴり驚いてもがいたが)。家に帰ってきてから(いや、すでに帰り道で)彼女が褒められまくったことは言うまでもないだろう。

[READ MORE...]
嵐の週末(パート1)
 3月中にもう1本という目標は、やはりホゴになってしまった。それどころか、すっかり週刊ペースになってしまっているような(苦笑)。
 さて、31日の金曜から2日の日曜にかけて、なかなかハードなスケジュールの中に身を置いたオレである(それなりにアルコールの摂取量も多くなった……)。
 31日の夜は、この日をもって閉店を迎えた馴染みの飲み屋へ。朝5時のカンバンまで過ごしたかったが、次の日のことを考えて3時すぎに切り上げさせてもらった。
 チーフやママとは、もう5年ぐらいの付き合いだ。もちろん、この何年間が消えるわけではないし、これからも人間関係は続く。
 翌1日はゼロワンMAXの“奉納プロレス”へ。近所に住む某関係者と一緒に移動し、早めに会場入りした。それにしても、周辺は花見客で物凄い人出だった……。(つづく)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。