月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライセンス問題
 予想通り、有名無実化しそうだ……
スポンサーサイト

ライセンス問題について
 三沢光晴選手の死亡事故を受け、“メジャー3団体”(新日本、全日本、ノア)主導によるプロレス統一機構(コミッション)設立・ライセンス発給の機運が高まっている。だが、この動きに対しては、大いなる疑問と抵抗感を覚える。
 昨年10月に由利大輔さんが練習中に亡くなった事故が、前記3団体間で協議が重ねられる契機となった。それから現在までの過程で、3団体それぞれが所属選手・フリー参戦選手にライセンスを発給し、相互の“通行手形”とするとの案が報じられた。つまり、ライセンス所持者は、3団体が認める“プロのプロレスラー”だということなる。
 しかし、そこには大きな矛盾がある。この3団体のマットに上がっている選手の中にも、いわゆる“インディー”の出身者はいるし、逆に3団体の出身者の中にも、現在この3団体に上がっていない選手もいる。まず、そこの部分の線引きはどうなるのか?
 3団体のマットで活動する選手だけがプロのプロレスラーで、それ以外は自称プロレスラーだというのであれば、昨日今日デビューに漕ぎ着けた新人も3団体の所属ならば“プロ”で、諸事情で主流からドロップアウトした選手は“自称”ということになってしまうが……。
 コミッションを設立してライセンスを発給したところで、コミッションに属さない団体またはライセンスを所持しない個人が開催する興行には“プロレス”の名称を使用させない(無断で使用すれば法的に罰せられる)ぐらいの規制力を持たなければ、コミッションもライセンスも有名無実と化す。“プロレスラー”粗製乱造の抑止力としての効果発揮を期待できない。
 では、どの団体にコミッションへの加盟を認め、どの選手にライセンスを発給するのか。また、そのジャッジを公平に下せる者がいるというのか。3団体に都合の良いコミッション・ライセンス制度になりそうなことは、目に見えてしまっている。
 そもそも、なぜ、この3団体の主導で動きが進められているのか? この3団体に所属・参戦しているレスラーは、誰もがプロのスポーツ選手として十分なレベルに達しているから? 残念ながら、そうは言い切れないと思う。彼らの中には、スポーツ選手としてのレベルには疑問符は付くが、ファンに愛されるキャラクターだから…という者たちが見受けられる(一部ベテラン選手も含めて)。
 そう。それがプロレスの正体なのだから。プロレスをスポーツと規定したいのなら、まずは“メジャー”を自認する3団体が襟を正し、大ベテランをも含む全所属・参戦選手に運動能力テストとメディカルチェックを施し、その結果を厳正に判断しなくてはならない。しかし、そんなことをやったが最後、プロレスはプロレスならではの醍醐味を失ってしまうことは、言うまでもないだろう。 

自問
 プロレスリング・ノアの社長であった三沢光晴選手の死亡事故を受け、かねてから友好的な関係にあった新日本、全日本、ノアの“メジャー3団体”が、三沢選手の遺志をつぐためにもと協調路線を強化する動きを見せている。
 繰り返し強調していることだが、業界の現状を客観的に見れば“メジャー”だの“インディー”だのという区別はナンセンス(世間からは、言葉は悪いが“目くそ鼻くそ”)、そんな程度の意識(危機感)では時代に取り残されていくだけ、というのが筆者の持論である。
 しかし、まだしも団体としての体力および知名度を持った選手を(比較的)兼ね備えた前記の主要3団体が業界再建を目指して大同団結することは、もちろん無意味だとは思わない。ただ、3団体が“メジャー”を自認するなら、今こそ業界のリーダーたる役割を強い自覚と責任感の元に果たしてほしい。
 はっきり言えば、ここでまたリーダーシップの奪い合い(言い換えれば、足の引っ張り合い)に走るな、ということ。そんな無駄なエネルギーを費やしている余裕などないことは、実感として重々認識していることとは思うが。4年前、橋本真也選手の急逝の際にも業界は団結しかかったが、その時の動きは長続きしなかった。さらに現在は状況が悪化しているのだから……。
 それが三沢選手の死に報いることだ、などとキレイ事を言う気はない。プロレスが生き残るためだ。

 そして、三沢選手、テッド・タナベ氏の相次ぐ悲報に揺れる中、もう一つ業界が忘れてはならない問題がある。昨年10月に発生した、故・由利大輔さんの死に直結する練習中の事故の件だ。この事故に関与した3名が業務上過失致死罪の疑いで書類送検された。
 「Ring of Dreams」と題した昨年12月31日付の当ブログ記事で、筆者は“この痛ましい事故を風化させてはならない”と記したが、業界に関わる立場で何ができるかと思案しつつも、結局は今まで何もできなかった。何もしてこなかった。書類送検という動きが出たから、今頃こんなことを書いているんだろう!?と言われれば、その通りかもしれない。きっと、その通りだ。
 ただ、これからも、業界の真の発展を願って、自問を繰り返すことだけは続けていく。プロレスを愛するかぎり――

[READ MORE...]
ビッグマッチラッシュ(?)
  内外からビッグネームの特別参加を得て、恒例の1・4東京ドームを成功させた新日本プロレスは、来たる15日に両国国技館大会を開催する。1・4で全日本の武藤敬司から団体の至宝・IWGP王座を取り返した棚橋弘至がライバル・中邑真輔を挑戦者に迎えて初防衛戦に臨み、IWGPタッグ王座を1・4で失った真壁刀義&矢野通はアメリカTNAのチーム3Dに奪回戦を挑むなど、好カードがラインナップされている。
 そして、この新日本2・15両国を皮切りに、主要各団体が次々とビッグマッチを放つ。NOAHが3月1日に日本武道館で、全日本プロレスが3月14日に両国で大会を開催。3月22日には、ドラゴンゲートが両国に初進出。さらに新日本の4・5両国が決定した。
 なかなかのラッシュぶりである。近年、こんな短期間にビッグマッチが集中したことは、ちょっと記憶にない。とかく元気がない言われるプロレス界だが、各団体が大会場で興行を開催し、話題を振りまくことは、もちろん悪いことじゃない。
 でも…もうちょっと、エネルギーを有効に使えないものかとも思う。つまり、各団体がバラバラ好き勝手に(それぞれ無理しながら?)過密日程でビッグマッチを打つより、業界全体のパワーを集結させて世間にアピールできたらなぁと。
 ただ、肝心のプロレスファンの細分化が進んでいるため、業界全体を巻き込む話題を提供できても、それで果たして各団体のファン(顧客)が喜ぶのかという問題はあるのだが。ノアのファンはノア、ドラゲーのファンはドラゲー、ハッスルのファンはハッスルの試合(選手)さえ見られれば、ほかには無関心という傾向が強まっているようだ。
 やっぱり、求心力を持ったスターが出てこないことには(言い換えれば、業界を挙げて育てないことには)……。それが無理だとは思わない。すでに救世主たる人材は出現している。まだまだ若い彼が、齢を食ってしまわないうちに……。 
 
’08MVPだ! 弾丸・田中
 謹賀新年。さて、前回の冒頭で触れた通り、大みそかの昨日は新木場へ。午後1時開始の大仁田興行に顔を出した。考えてみれば、去年は元日から試合会場(ゼロワン・後楽園ホール大会)に出向いていた。10月以降は現場に足を運ぶ回数が激減したものの、なんだかんだ言ってプロレスで明け、プロレスで暮れた2008年だった。
 そして、その両方の大会に出場していたのが、田中将斗。元日から大みそかまで(大仁田興行のメインを終え、午後8時開始の「プロレスサミット2008」後楽園ホール大会にも出場)、八面六臂の大活躍ぶりだった。
 08年の田中は、いきなり1・1後楽園で関本大介とベストバウト級の激闘を生み出し、1・4東京ドームを機に本格化した新日本との対抗戦ではゼロワンのトップとして中西、金本、真壁を連破、知名度も格段にアップした。その一方で旧師・大仁田と久々にタッグを組み、かつて慣れ親しんだデスマッチのリングで縦横無尽に暴れるなど、プロのレスラーとして振り幅の広さを示した。
 「オレは元々、こういう闘いが好きで入ってきた人間やから」とは、大仁田興行10・18新宿FACEで有刺鉄線タッグ戦に出場した田中のコメント。そこには、自信に裏打ちされた一種の余裕さえ感じられた。
 識者間ではFMWの若手時代から高い評価を集め、すでに実力者として認知されていた田中だが、キャリア15年にしてさらに一段上へと飛躍した。2008年の1年間に最もブレイクを遂げたプロレスラーであり、年間MVPの働きを果たしたと、個人的には見ている。
 真のインイベンターは一朝一夕に育たない。だからプロレスは難しいし、捨てたものじゃない。業界全体が低迷をかこつ中、こうして自力でステータスを上げるレスラーもいることを、改めて認識する必要があるだろう。

Ring of Dreams
 2008年の大みそか、新木場1stRINGへ足を運んだ。
 すでに周知のことと思われるが、今年の10月、このリングの上で起きた事故によって1人の青年が命を落とした。
 試合形式の練習中に技を受け、危険な角度でマットに落下したことが原因とされる。犠牲者の経験を考えれば、無謀な行為だったと思われる。そして、犠牲者に対しても失礼な表現になってしまうが、いつ起きても不思議でない事故が実際に起きてしまった、というのが偽らざる気持ちだ。
 誰もがプロレスラーを名乗れる時代、 あまりにもたやすくリングに立てる(上げてしまう)現状。そんな背景の中で、このような痛ましい事故が起きた。この練習に関わった“プロレスラー”たちの技量と心構え、また練習を指揮した人間の監督責任が問われるのはもちろんだが、もっと問題の根は深い。こうした事故が、もっと早く起きても不思議でなかった。むしろ、今まで起きなかったのが不思議でさえある。
 
 とにかく、この痛ましい事故を風化させてはならない。そして、同様の事故が起きないよう業界をあげて務めること、この事故による教訓が“プロレスラー”の粗製乱造を食い止める方向に活かされることを、関係者の1人として望み、強く訴えたい。それがまた、犠牲者を弔うことにもつながるのではないだろうか――。

目くそ
 東スポ大賞の受賞者が決まり、すでに授賞式も開かれた。
 近年の受賞者というか授賞基準には疑問が多く、もはや権威も何もない賞だが、それにしても今年の新人賞は酷い。
 小川道場の澤田敦士。受賞者を最初に知った時の率直な感想は、「誰?」。己の不勉強を棚に上げるわけではないが……。
 何が酷いって、どうやら金メダリストの石井某をセコンドに呼んだ話題性による「授賞」で、授賞式に石井が現れれば翌日の新聞が売れるから、という主催紙の意向が見え隠れしていること。情けない。よりにもよって新人賞だぜ。業界が落ち込んでいるからこそ、なおさら選手自身の将来性を買って決めるべき賞だ(全日本のKAIあたりが順当だったろう)。話題性重視なら、大衆賞や特別賞、ズバリ話題賞でいいではないか。
 もう、内舘横綱審議委員を特別審査員に据えるより、いっそたけし客員編集長でも招いて、外部の人間の意見は入れずに東スポによる東スポのための東スポ大賞色を強めたらどうだい? もちろん、内部にも良心を持ち合わせたスタッフもいるとは思うが、そういう人も今の形では逆に気の毒だ。
 
 さて、やはりプロレス界のニュースでは、これもネガティブな話題になってしまうが、日テレのノア中継打ち切り騒動について。プロレス番組がゴールデンタイムの定期放送を外れて20年。現行の時間帯では、新しいファン層を獲得することなど、どのみち無理と言っていい。子どもからお年寄りまで楽しめるのがプロレス本来の最大の魅力なのに、真夜中じゃあ……。
 この際だから、もう言ってしまおう。一時は新日本に取って代わって業界の“盟主”に君臨したノアが失速、その座を転落したとか、そういう問題ではない。もっと根本的に、現状では業界自体がマイナーなんだから、その中でメジャーも何もないだろうよ?と。
 マット界に非常ベルが鳴り響いている。だけど、そんなのは昨日今日のことじゃない。しっかりプロレスの原点を見つめ直し、レスラーや団体は真摯にプロレスを追求してほしい。以上。

 さぁ、今週末は沼プロ行こうっと♪ 
numapro05mini1.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。