月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白のシューズに紫で「AP」
 今日は昨日のプチ鉄道マニア話どころじゃない、ほとんど誰も付いていけないぐらいマニアな話題を(笑)。先日、『Obsessed With Wrestling』という超マニアックな海外サイトを発見(http://www.obsessedwithwrestling.com/home/index.html)。
 ここには、オールドタイマーから現役組に至るまで、おびただしい数のプロレスラーのキャリアが収録されているのだが(「PROFILES」をクリック)、そのリストの中にAlex Pourteau(アレックス・ポートゥ)の名を見つけた(!)。しかも、今も現役として活躍中であることが判明した(また、彼をコーチしたのが“ハングマン”ジム・スター='81新春パイオニア・Sに来日=だったことも)。
 これは嬉しかった。『Obsessed~』のページからジャンプして彼の公式サイトなどをチェックしたところ、どうやら一時期はセミリタイア状態だったと推測できるが、現在は再び精力的に試合スケジュールをこなしている模様。遠征先のプエルトリコで出会ったらしい爆乳のオカアチャン(笑)と2人の子供に囲まれたプライベートショットも見られた(ちょうどタイミング的に8才の長女が生まれる前後に一旦シーンから消えたようだ)。
 長らく続いたWWEの寡占状態にファンが食傷気味となり、昨今ようやくアメリカのレスリングビジネスに変化が起きてきている。いくつかの有力インディペンデントが誕生したことで、彼のような職人肌のレスラーがマットに帰ってくる土壌が整ったのであれば、誠に喜ばしいかぎりだが。
 果たして、あの軽快なマットさばきは錆びていないのだろうか? あの小気味よいアームドラッグを今一度この目で見られる日は訪れるのだろうか? そして、もしも夢が叶うならば、畠中浩旭との珠玉の攻防を堪能したいものだ……。
スポンサーサイト

[READ MORE...]
私鉄沿線
 昨夜は仕事仲間と飲ミーティング。(そう遠くない)将来的に我が思い出の地・鶴見あたりで共同の事務所を構える可能性などについて話し合った。で、今晩は3週間ぶりに空手(なんちゃって)の稽古に八丁畷へ赴く予定。
 鶴見といい、八丁畷といい、何かと若い頃から京急の沿線には縁があるんだよね(ほかに京急川崎、子安、横浜、雑色、梅屋敷、青物横丁、金沢八景など)。時刻表検定試験5級というビミョ~な資格(なのか?)を持つ鉄道フェチなオレだが、「好きな私鉄は?」と聞かれれば迷わず「京急!」と即答するな~(笑)。まぁ…そんなこと誰も聞かないだろうけど。
 あと、乗車回数こそ少ないものの、関西圏では南海線が好き。なんば駅のけぶった感じのホームに風情があって、“旅へ誘(いざな)う鉄道”ってムードが漂ってるんだよな~。反対に京急線は、日常生活に密接に結びついた細かい用事のために利用する鉄道。どっちもオレが抱いているイメージ的にはだけど。
 あ、それから、ちょっとマイナーなところでは東武野田線も好きだな。あのローカルさが捨てがたくて……。と、今日は終始してプチ鉄道マニア話で。珍しく特にオチはなし(笑)。

3億円
 某・元IT長者がカネを積んで保釈された。激ヤセしちゃって、報道陣を前に何やら謝罪の言葉を叫んでいたが、そんなものにオレは同情しない。彼奴めが本当に悔い改めるべきはこれから。だいたい、まだ法の裁きを受けていない。
 彼奴の逮捕を受けて強く思ったのは、“「情報でも何でもカネで買える」と言いくさった彼奴に反発し続けていては、情報を発信する仕事に携わっていくのが困難な世の中にならなくてよかった”、言い換えれば、“いつかどこかで心ならずも彼奴の顔色をうかがわなければならない、そんな可能性を回避できてよかった”ということ。
 えっ、彼奴の時価総額がゼロ以下になった今だから、そこまで言えるんだろうって? まぁそういう側面はある。どんどん肥え太り続けていた彼奴の存在は、たしかに脅威だったよ。それは正直に認めよう。「だった」と、あくまで過去形だけど(笑)。
 しかし、3億円ねぇ。ムイチモンになったはずなのに、よく3億も払えたもんだ。今の彼奴のために3億もの大金を誰かが用立てたとは、よもや考えられないし……。そんな資産、ちゃっかり隠し持ってたのか、コノヤロー!

[READ MORE...]
イメージ
 最近、ちょっと久しぶりに会う人たちに、よく「痩せた?」と聞かれる。今のうちに断っておくが、決して自慢話ではない。ダイエット成功記とかではなく、かと言って別に病気で痩せたとかって話(闘病記)でもない。だから、読んでも何の役にも立たないので(笑)。まぁ、そりゃぁいつものことだけど!
 本題に戻ろう。1年とか半年ぶりぐらいに会う人に、痩せたんじゃないかと言われることが多い。昨日も半年そこら会ってなかった人に言われた。それでこんなことを書いている。でも、繰り返しになるが、自慢話じゃない。
 オレ自身としては、1年前半年前に比べて大して痩せたとは思っていない。それに今でも、初対面の人はオレを絶対に“恰幅のいい”(笑)部類に振り分けるだろう。自慢じゃないが(本当に自慢じゃない)、“スリムな人”とは間違っても思われない。それぐらいの体格は維持(苦笑)している。
 なのに…なんで「痩せた?」って聞かれるんじゃ~!? つまり、もっと以前、何年か前までの、今より確実に太っていたオレのイメージが根強いのだろう。となると、かつてのオレはそんなにデブだった? って逆に思ってしまうんだけど……。

[READ MORE...]
ARASHI
 ARASHIといってもジャニーズのタレントではない。もちろん、全日本プロレスの“嵐”こと高木さんのことでもなければ、大黒坊弁慶(初代“嵐”)の小谷さんのことでもない(笑)。じゃあ何かって? ストリートファッション(&ちょいエロ?)新雑誌『ARASHI』のことだ。
 その『ARASHI』創刊第2号(24日より発売中)の企画で人気格闘家の所英男選手を取材した。初対面だったが、彼は飾り気ない性格で話しやすく、おかげで取材はスムーズに進んだ。そんな彼の等身大の魅力が伝わる記事に仕上がった…かどうか、ぜひ実物を手に取ってみてどうぞ!
 この表紙が目印→
arashi_l.jpg

          ※カバーガールは長澤奈央ちゃん

 ちなみに、ブログには書きそびれていたが、2月に発売された『ARASHI』創刊号ではドラゴンゲートのCIMAを取材。分裂前のブラッドジェネレーションのメンバー総登場で企画に協力してもらった。

[READ MORE...]
バブル青田
 青田典子姐さんがソロシンガー“バブル青田”として頑張っている。まだ動く姿(映像)を目にしていないが、スポーツ新聞(例によってニッカン、およびデイリー)の報道によれば、露出度の高いコスチュームを着るためにウェストを7~8㎝絞り込んだんだとか。
 この姿勢だね、プロは。さすがは姐さん、見上げた根性だぜ。見習いたい。あの90年代初頭までの好景気がまさにバブルのごとく弾けたように、おいしい状況がずっと続くなんてことはありえない。栄枯盛衰。盛者必衰の理あらはす。しかし……!
 『ARCADIA』という曲の詩に次のような一節がある。

 太陽もいつか燃え尽きる時が来る 
 だけど運命に挑みたいだけ
       
 ちなみに作詞はデーモン小暮閣下。聖飢魔Ⅱが解散(地球征服計画完了)直前にリリースしたナンバーである。そんな心意気で生きていきたいものだぜ。GANNA LIVE MY LIFE EVERYDAY!
 でもな~、青田姐さんのソロシンガーといえば、やっぱりオレの中ではどうしても“東条梨花”なんだけど……(このことについては以前に詳しく触れたので、ここでは割愛させてもらう)。まぁ、一度“バブル青田”の歌ってる姿を見てからにしよう。

 ところで、まるっっっきり話は変わるが、何とも妙チキリンな画像を発見したので紹介しておこう(↓)。
0001317M.jpg

※“炎のいぶし銀”松崎一彦 公認掲示板 http://8722.teacup.com/matsuzaki/bbs を参照されたし
らっしゃい!
 ノアの武道館、ドラゴンゲートの大田区、ハッスルの後楽園など、注目のプロレス興行が(珍しく)目白押しだった昨日(23日)、縁あって女子プロレスラー華名選手(※)の引退記念イベントにバトルスフィア東京まで足を運んだ。
※彼女はすでに引退しているが、プロレスラーは死ぬまでプロレスラー(いや、死んでもプロレスラー)。あえて“華名選手”と表記させてもらう。
 さて、この“引退記念イベント”という珍しい催し…と言っても、引退した選手をファンが囲むパーティー形式のイベントって、そんなに珍しくないかな?(女子プロでは) ただ、昨日の会場のスフィアにはリングが常設されているんだよね。
 リングのある場所で試合が一つもないというシチュエーションは、かなり珍しいように思う。そうだなぁ…記憶を辿ってみても、SWSの新横浜道場で開かれたレボリューションのファン感謝イベントに一ファンとして参加して以来、15年ぶり2度目の体験じゃないだろうか?
 それで実際どうだったかといえば、目の前のリングで派手なアクションが繰り広げられないままイベントが進んでも、見ていて不思議と違和感を覚えなかった。こぢんまりした、手作り感あふれるアットホームなイベントになり、会場を包む空気と華名選手自身の脱力系な天然キャラが見事にマッチ! 集まったファンの人たちの満足度は高かった様子。
 コスチュームを脱いで私服に着替えても(って、その場で着替えたわけじゃないので! …念のため)、プロレスラーはプロレスラー。やっぱりリングに映えるね。で、お客さんたちはみんなプロレスファン。変にかしこまった場所よりも、リングのある空間がプロレスラーにとってもプロレスファンにとっても落ち着けるんだな、なんて思ってしまう。何だかんだ言って(笑)、プロレス関係者にとっても。
 足立区から越谷市に移転した新バトルスフィアに行くのは、実は今回が初めて。そういえば1年前、新木場1stリングにも試合以外の用件で初めて行った。この時は、某邪道議員(笑)の“卒業”記念DVDの撮影にインタビュアーとして参加したのだ。まぁ、長く一つの世界に関わっていると、いろいろあるということで。

87ca1415.jpg

ほとんど“総合司会”状態だったユリオカ超特Qさんと歌のゲストで登場した矢口壹琅選手
※画像は『矢口壹琅のONE LOVE』 http://blog.livedoor.jp/yaguchi16/ より転載
[READ MORE...]
更新頻度問題(笑)
 すっかり週刊ペースになってしまっているブログの更新頻度について(今回は珍しく中1日で書いているが……)。
 いっそのこと、たとえば毎週火曜日なら火曜日と決めて、その日に1週間分のあることないことをまとめて書こうか…という気もしないではないものの、やっぱりそれはやめておく。
 そうすると、それはそれで“義務”になってしまうから、というのが理由の一つ。以前にも書いたことだが、このブログは気ままに気まぐれに書いていきたいのだ。書きたいことがあって、書く時間があって、書きたい気分の時に書く。
 それともう一つ、もっと大きな理由があって……。その週いっぺんの“ブログ曜日”すら守れない(守らない?)時がありそうだからだ。必ずある…。絶対ある! 月に1度はあるだろうさ!?
 そうなると、さすがに己の自堕落さを呪いたくなるから、自己防衛のため(笑)これからも“不定期更新”を宗(むね)とする!!(とうとう開き直ったな、コイツ…) そういうわけで、もちろん次回更新は未定。文句あるまいな!? 文句あっても聞く耳持たん!

 
[READ MORE...]
嵐の週末(パート3・完結編)~我が青春のVIOLET~
 「嵐の週末」シリーズが完結しないうちに、また一つ週をまたいでしまった。“嵐の週末”とは言っても、いったいいつの週末やら? とにかく、このパート3が最終回だ。気を取り直していこう。
それは今月2日の日曜日のこと。その日は奇しくも弟夫妻の結婚記念日だった(…と今、書いてて気づいた)。でまぁ、よりによって弟の結婚記念日に(笑)、浮き草稼業な兄貴(オレだよオレ!)は何をしてたかっちゅうと……思いっきり簡略すれば“旧知の仲間たちと真っ昼間から酒を酌み交わしていた”ということになってしまう。
 パート2に書いたが、この前日、エイプリルフールにふさわしく、オレは“ある人物”と数年ぶりに再会した。仲間うちの親睦会が開かれた居酒屋で、というか正確には、お互いに店の場所を探していて奇遇にも路上でバッタリ。
 いろいろあって、ここ数年その人とは疎遠な関係になっていたのだが、どちらからともなく歩み寄って両手を握り合った。“その人”とは、国際プロレスファンサークル「VIOLET」会長のMさんである。
 「VIOLET」は1981年(昭和56年)、M会長が住む大阪を本部に発足。15年間の団体活動に幕を引く数ヶ月前の国際プロレスより、公認FCとして承認を与えられている。それから数年後、たしか高校生2年生の時にオレはVIOLETの一員となった。
 何が凄いって、応援する団体が解散してから数年も経過したというのに、FCが存続して定期的に会報などを発行していたこと。その情熱に打たれ、プロレス少年だったオレは、「この人たちの仲間に加えてほしい!」と思ってしまったのだ。今にして思えば、そこでオレの人生は狂い始めたのか……?(苦笑)

[READ MORE...]
新記録!?
 またまたブログを放置したまま、とうとう中1週間の間隔が空いてしまった。これって、ナニゲに新記録だったような……?(今まで、ちょうど1週間ぶり、つまり中6日というのは何度かあった気がする)。
 ちっともブログを更新しないで、「更新しない記録」を更新してどおすんだ!? っての! なお、まだ完結を見ていない“嵐の週末”シリーズ(どの週末だよ?)については、いずれ必ず完結編の(パート3)を……って、今日は書かんのかい今日は!
 まぁ今日のところは手付け(?)というか、ブログやめたわけじゃないからという意思表示で。このブログは、やめそうでやめないのだ!(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。