月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃって社会派・烈火の怒り
 ノアの“絶対エース”小橋建太が腎腫瘍摘出手術を受けるため、明日1日のシリーズ開幕戦から無期限の欠場に入ることが発表された。小橋の長期欠場は、ノアのみならず業界にとって大きなダメージとなるが、ここはGHC王者・秋山準以下の奮起に期待すべきだろう。
 秋山は早速、自身のブログで決意のほどを明かしている。このピンチに誰が飛び出すか、まずは1日・ディファ有明のノア7月シリーズ開幕戦に注目だ。そこを見てから、改めてコメントしたい。
  
 さて、この6月30日をもって、みずほ銀行のMVP(みずほバリュープログラム)サービスが廃止される。具体的には、これまで無料だったATM時間外手数料やコンビニATM手数料が有料になることが大きい。
 手数料優遇などのサービスは、今後「みずほマイレージクラブ」に引き継がれるという。7月いっぱいは“移行期間”として、これまでのサービスが受けられるようではある。だが、ここに落とし穴があって、MVP会員の誰もがマイレージクラブに移行できるわけではないのだ。
 マイレージクラブに入会(移行)するには一定の条件があり、たとえば「給与所得」のある人が優遇される。オレは長年、みずほをメインバンクに使ってはいるが、フリーの立場で仕事していると、「給与」という名目で報酬を受け取ることはない。つまり、“「給与所得」のある人”には当たらず、今後みずほ銀行からサービス面で“差別”を受けることになる。
 そこが頭に来る、許せない、ムカつく。統廃合が進むなど、銀行業界も苦しいのは理解できる。だから、これまでのようなサービスを提供できなくなったのだろう。そのくせ、そうではなくて、一部の人たちだけに“これまで以上の”サービスを提供するというポーズを取って表面を繕い、所得の額が不安定な財テク弱者を切り捨てにかかる。オマエらは小泉内閣か!?
 ふざけんなって。この10年以上、オレは仕事で得た報酬をほとんど全額オマエらの銀行に預けてきた(富士銀行時代から)。それに対する仕打ちがこれか? オレが何か迷惑をかけたか? それともオレのような浮き草稼業な人間に関わり合いを持たれること自体が迷惑か!?
 みずほ銀行は大杉漣や稲森いずみをイメージキャラクターに起用して、マイレージクラブをキャンペーンしている。そのキャッチコピーが「未来を手にして、笑おう」。どうやらオレには未来とやらへのパスポートが手渡されないようだ。笑わせてくれるぜ。
 みずほが今回、キャンペーンに起用したタレントたちも“浮き草稼業”。どんなに彼らが落ちぶれて事務所から契約を解かれ、「給与所得」を失ったとしても一生優遇してやれよ! わかったか!? わかったら出てけ!! このクソッタレが……
スポンサーサイト

カートン買い
 昨日は『昭和プロレス激闘録』に関わった編集者・ライター数名で、新宿歌舞伎町のキラーカン(キラー・カーン)さんのお店「ちゃんこ居酒屋 カンちゃん」へ。途中からカンさんも座に加わり、プロレス談義に花を咲かせた。
 話には聞いていたが、料理がおいしく、特に名物の“カンちゃん鍋”は量もハンパではなかった。帰り際にいただいたお店の名刺には“カンちゃん鍋一人前2,800円(3人様で食べれる量です)”との記載が……。それは実際その通りで、まったくオーバーな表現ではない。でも、それって“一人前”って言わないんじゃ?(笑)

 カンちゃん
マスター業の傍ら、歌手としても精力的に活動中のカンさん。自らの持ち歌を熱唱!
[READ MORE...]
暴れ猫
 のんのは今日もエネルギッシュに家中を跳ね回って…というか、ほとんど暴れ回っている(笑)。先日に続き、今日も午前中に動物病院へ連れて行き、初めて注射を打ってもらったのだが、ショックを受けた様子はまるで見られず。
 さっきから、昨日オフクロが買ってきたおもちゃのネズミをブン投げる遊びに夢中。いや、本当はブン投げるつもりではないはずだ。これがプラスチックのボールの表面にネズミの“皮”が貼り付けられた代物なのだが、すっかり野性に目覚めた(?)のんのの前にネズミはボロボロ。本物だったら、とっくに噛み殺されている。
 のんのは止めを刺した“獲物”をくわえて歩こうとするものの、まだ彼女の顎力ではプラスチック部分が重くて持ちきれず、ブン投げて遊んでいるようになってしまう、というわけ。……と、書いているうちに、のんのはとうとう“ネズミ”を持ち運ぶことに成功! 元気なのはいいんだけど、何しろオテンバで(苦笑)。ま、そこがまたカワイイんだが。

[READ MORE...]
カズのゴールが見た~い~(見た~い~)♪
 一昨日(22日)は予定通り昼過ぎにプリンスとS市U区のK駅前で合流し、一緒に昼メシを食ってから墓参へ。偉大なる父上の墓前に手を合わせてきた。そして、その後は予想通り、再会を祝して……いや~、これが効いたわ。
 夕方(ヘタしたら、まだ4時前だったかも…)から氏の自宅で杯を酌み交わし(飲み屋は開いてない時間なので)、気がつけば6時を過ぎていた。実は、午前中に送信しなければならない原稿が1本あったため、そいつを早起き(当社比)して片付けてから出かけた事情もあって、けっこう寝不足気味だった。
 そこに昼酒(夕酒?)はキクね~。20代の頃は真っ昼間から半日ぐらい呑み続けることも珍しくなかったけど、最近は自制しているものでね(…と、あくまで慣れの問題であって、トシのせいではないと言っているわけだが、何か?)。
 あやうく夜の会合に都心へ繰り出すのが面倒くさくなりかけたものの、気の置けない仲間たちとの約束をホゴにするオレじゃない。律儀な男で通っているんでね…って、そおゆう問題か!? まぁ電車移動の時間を利してリフレッシュ(笑)に成功し(確信犯的に少し遠回りした)、また楽しく飲み直したのだった。みんな元気に頑張っているようだ。いい励みになった。

 さてさて、昨日(23日)は愛娘のんのが獣医デビュー。と言っても、もちろん獣医としてデビューしたわけでなく(当たり前だ!)、近所の動物病院へ初めて連れて行ったというハナシ。のんのはケージに入れて運ばれたのだが、行き帰りも病院の診察台の上でも、いい子に大人しくしていてくれた(普段は活発に飛び回るオテンバ娘なのに)。
 健康状態は良好とのことで、耳をかゆそうにしていたのも病院で薬をつけてもらって気にならなくなったようだ(耳に薬をつけてもらう時、さすがにひゃっこかったらしく、ちょっぴり驚いてもがいたが)。家に帰ってきてから(いや、すでに帰り道で)彼女が褒められまくったことは言うまでもないだろう。

[READ MORE...]
クレイジープリンス
 昨日の晩、旧知の和製“狂乱の貴公子”(いや、“狂乱の問題児”か……)から数年ぶりに連絡があった。そして、今から自分の家に来られないかと、相変わらずムチャなことを言う。ちなみに、その人の家と我が家の間には「東京都」がある(笑)。
 でも、よくよく聞いてみると、“明日(つまり今日)は仕事が休みで、昼から父上の墓参に行くので一緒に来ないか”という話だった。で、最初は今日その後で一杯やりませんか?と誘ってくれるつもりだったようだが、オレが今晩どうしても外せない用事(それはそれで大切な仲間たちとの集まり)があるため、“それじゃ今から”となった次第。
 諸事情により、昨晩から出かけるのは断念したものの、今日の墓参にはご一緒させていただくことにした。その後、夜まで時間があるので再会を祝して1杯2杯…となるだろう。
 氏の父上とは実は生前お会いしたことはないのだが、父上はマット界に多くの功績を残した偉大な人であり、その方の目に見えない導きによってオレは今までプロレス道を歩んできたと思っている。「歴史上の尊敬する人物は?」と聞かれたら、その名をオレは答えるだろう。ちなみにヒントは…力道山ではない、ということで。
 それでは、いざ参らん。
 
ネコなぜ
 藤波辰爾が新日プロを本当に辞めるようだ。サイモン猪木社長に辞表を提出したが、会社側は依然慰留に努めているとのこと。辞める辞めないで半年近く揉めていて、まだ辞表を出していなかったとは逆に驚きだ。
 ぶっちゃけ「結局、辞めないんじゃないの?」との見方が業界内部では多数を占めていた(ファンの間でも同じだろうけど)。新日プロは今年1月に10人以上もの退団者を出したが、その頃から“藤波をリーダーに新団体を結成”という噂が流れていて、退団者の何人かは新団体への参加を前提に新日離脱を決意したと見られていた。
 そういった経緯があるだけに、彼らが“待ちぼうけ”を喰わなくてよかったとは思う。ただ、これでまた一つ団体(プロモーション?)が増えることの是非となると……。とりあえず、新日にとっては大きなイメージダウンとなるのは間違いない。
 ところで、仕事(&飲み)仲間の“アトム画伯”にブログを発見された(笑)。しかし、見つけたのならコメントの一つも残してくれればいいものを。かくなる上は、今度このブログ用にカットの一つでも描いてもらうか。もちろん無償で!
 さて、前置きが長くなりすぎた(爆)。今日の本題に入ろう。

[READ MORE...]
GT
 昨日(18日)はユニオンプロ新木場大会へ。試合開始の午後6時に30分ほど遅刻してしまい、会場へ到着した時には第3試合(宮崎有妃VSチェリー)の最中だった。おそらく第1試合は見逃したものの、第2試合の途中だろうと予想していたのだが、大甘だった(反省)。
 旧知の松井レフェリーに事情聴取(笑)したところ、昨夜は10時からサッカーW杯(日本VSクロアチア)があるので、特にスムーズな進行を心がけたとのこと。新木場から急いで帰ってワールドカップを観戦したプロレスファンがどれほどいたか定かではないが、こうした心配りは大切。
 もはや、プロレスこそが人生のすべてで、興味があるのはプロレスだけ、という観客ばかりが会場に足を運んでいる時代ではない。メインが終了するやいなや、慌てて青いユニフォームに着替えた人もいたかも知れない(いや、いつの時代もプロレスファンはヘソ曲がりだから、赤と白のチェック柄に着替えてたり…さすがにそりゃないか)。
 とにかく、何でもかんでも早く終わればいいというものではないが、進行のテンポのよさは興行の命。某メジャー団体にも大いに見習ってほしいものだ。しかし、30分で第3試合の途中とは……さんざん非常識に慣らされてきた身としては面喰った(と、言い訳)。これが国際プロモーションだったら、まだ第1試合が始まってないぜ!(笑)
 さて、試合だが、その国際プロモーションの鶴見五郎代表が変身し…じゃなくて、改造を受けて衝撃の登場と相成った“メカゴロー”に尽きる! その雄姿はTスポに掲載されているので、どうしても今すぐ見たい人は深夜のコンビニへレッツゴ(ロ)ー!!
 なお、メカゴロー再登場の可能性について、ご本人は「ないんじゃないか」と、恥ずかしげに(というか面倒くさげに?)コメント。そんな鶴見代表というか、オレにとっては鶴見“会長”との付き合いは古く……この話を始めると異様に長くなってしまうので(苦笑)、またの機会に語ろう。

本日発売!
 『昭和プロレス激闘録』(ベースボール・マガジン社/刊、定価980円)は、本日6月17日(土)発売です。なお、詳しい内容は下記URLを参照ください。
http://www.sportsclick.jp/magazine/pro_wrestling/060725mook413/index.html
                  昭和プロレス激闘録


 …おっと、柄にもなく丁寧語になってしまっていた(笑)。どうぞよろしく。

DIVA of DIVAS
 今日は盛りだくさんなメニューで。
 まず、前回のブログでほのめかしたムックの書名は『昭和プロレス激闘録』。すでに広告されているが、ベースボール・マガジン社より6月17日(土)発売(定価980円)。ご一読ごっちゃんし!
 さて、昨日、久しぶりにCDを買ったので、ちょっと音楽の話題など。
 プロフィールの“愛唱歌”の項目を見ればわかるように、オレの好きな曲はジャンルがバラバラ。片やHR/HM、片や演歌(北島三郎や森進一。ただし、オレの歌う森進一は演歌ではなく、ムード歌謡)と、邦楽から洋楽までオールマイティーというか支離滅裂(?)。近年はブラックアイドピーズやメアリー・J・ブライジなどヒップホップ系も聴く。パンクではランシドが好き。
 で、昨日買ったCDは『HIT STYLE INTERNATIONAL』という、ノンジャンル(ポップス中心)のヒットを集めたオムニバス・アルバム。この中で一番欲しかったのは、ナターシャ・トーマスの『It’s Over Now』(ラコステのCMに使われていた曲)だが、そのほかの曲も粒ぞろい。
 アナ・ジョンソンの『We Are』やアミエルの『Lovesong』(オリジナル・ヴァージョン!)にラス・ケチャップスの『アセレヘ』、デスチャにビヨンセ、J.LOやジェシカ・シンプソン、メイヤ、野郎どもでは(笑)ワイクリフ・ジョンやオアシスにファットボーイ・スリム、マニックスやトラヴィス、ついでにジャイケルの曲なんぞも入って(いずれも2001年以降のナンバー)、2枚組み全32曲で3200円(税込み)ってのは、お得なんじゃないかな~? と。
■送料無料■HIT STYLE(V.A.) CD【HIT STYLE-International-】06/ 1/25
 てなわけで、そのCDを聴いていたら、“クイーン・オブ・ポップス”カイリー・ミノーグ電撃復帰のニュースが届いた。乳ガン(初期)の治療のため去年から休養中だったが、双子の妹ダニー・ミノーグのライブにサプライズで登場して元気な姿を見せたのだとか。来年には本格復帰できるようだ。
 そういえば、今日6月14日は……

[READ MORE...]
17連勤+α
 やっとこさ先週末で大仕事を終えた。三崎町の某出版社ことベースボール・マガジン社へ編集作業に日参すること約3週間。5月22日(月)から6月7日(水)までは17連勤(新潟1泊出張含む)という勤め人顔負け(?)のハードな日々を過ごし、8日(木)だけ自宅で原稿書きを進め、大詰めの9日(金)は泊り込みで仕事、そのまま寝ないで翌10日(土)午後からの出張校正@大日本印刷へと向かった(これがまた23時を過ぎても終わらず、終電ギリギリだった……)。
 こうして書いてみるとなんだか凄いが、取りかかっている最中は感覚が麻痺してきて(と同時に神経が研ぎ澄まされてきて)、あんまり「めんどくせぇ」だの「眠い」だの「帰りてぇ」だのと思わない。当然ながら日が経につれてタイムリミットが迫ってくるため、むしろ後半ほど余計なことを思わない。そんなことを思う暇さえなくなる。
 それと、毎日々々作業に通っている間は「今日で○連勤だ…」とか意識しない。そういう意識は飛ばす。逆に「あと●日しかない」ということも意識しすぎない。たまに我に返って「間に合うのかな?」と思うが(笑)、そこで考えて込んでいる暇はない。なんとかなるさと思って、実際なんとかするしかないのだ。
 そんなこんなで、ようやく全作業が完了。今週末の発売を待つばかりとなった。そのムックの書名は…明後日発売の週刊P誌(プレイボーイじゃなく)に広告が出るので、それまで控えるとするか。まぁ「昭和」とか「プロレス」とか「激闘録」とか、そんなキーワードが散りばめられた書名だ。

[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。