月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Are the Revolution
 1週間ぶりの更新となる。ついに月間エントリー13本という自己新記録(笑)を達成するわけだが、リーチをかけてから足踏みが続き、意外に難産してしまった…なんてことは、どうでもいい。
 さて、27日(木)には後楽園ホールの天龍WARファイナル興行へ。これが大入りで、内容的にも盛り上がった。オープニングの石井智宏と維新力のシングルマッチから、かつてのWAR正規軍と平成維震軍の抗争を再現したメイン(天龍&北原&折原&ドン・フジイVS越中&小原&青柳&斎藤彰俊with小林邦昭!)まで、各試合とも熱戦が繰り広げられた。
 特にメインは8人が入り乱れるスピーディーな展開の中に重厚な激しさが内包され、「そこまでやるか!?」的な驚きの反応も見られたが、いわゆるWARスタイルを見慣れた者にとっては、むしろ懐かしさを覚える光景だった。個人的には、小林と北原の視殺戦が特に感慨深かった。
 WARが休眠に入って数年。この間にプロレスも様変わりしたが、プロレスには本来、あれぐらいの激しさがあって当たり前(もちろん、激しさだけがすべてではない)。ま、あんなもんでしょう。プロレス、なめんなよと。
 それはそうと、今週の各専門紙・誌では、この興行が絶賛されることだろう。そして、団体活動を続けていた当時のWARについて、「こんなににも熱く激しく、それでいてハチャメチャに面白い、最高にステキな団体だった」といった論調の記事が踊ると思われる。
 しかし、先に言っておくと…へヴィーなWARウォッチャーだった(初期は熱心なファンとして、後期は関係者として)からこそ言っておくが、正直そうでもなかったぞと。けっこう空回りが目立った。当時は、良くも悪くも「天龍源一郎」というブランドの重さがリングを支配していた。それがWARという団体だった。
 でも、北原も折原も平井も、みんな天龍親分に心酔しているのがストレートに伝わってきた。カブキやキング・ハクがドスを利かせていた。そして何より、天龍の傍らには無二の盟友である、あの阿修羅・原がいた。そんな時代遅れで無器用な男たちの集団だった……。
スポンサーサイト

球宴
 今年のプロ野球オールスター戦は面白かった! 特に藤川球児が清原を真っ向勝負で三振に斬って落とした2戦目。折から九州地方を襲った豪雨の影響によって、今回が初となるサンマリン宮崎でのオールスター実現が危ぶまれたが、当初の予定から1日順延されたのち24日(日)に無事、開催の運びとなった。
 今シーズンかぎりで現役を去る球界きっての“お祭り男”SHINJOの大活躍に、森本という後を継ぐパフォーマーも飛び出すなど、まさに球宴と呼ぶに相応しい内容だった。プロ野球人気の低迷が叫ばれる中、未来に向けて明るい兆しが見えたと言えるだろう。
 だが、あえて言いたい! 一旦は順延となった宮崎のゲームが24日も開催できなかった場合は、2戦目の開催は“不可能”となり、今年のオールスター戦は1試合だけになっていたという。不可能? そんなことはないだろう。
 たとえばサンマリン宮崎での開催がどうしても困難な場合、25日(月)に(雨天中止のない)同じ九州の福岡ドームで急遽、2戦目を振り替え開催する。もちろん、そうなるケースを考えて、あらかじめ代替球場を押さえておくわけだ。
 それでは(球場の使用料など)余計に費用がかかるが、そこはプロ野球機構およびセ・パ両連盟もケチケチしない、また各フランチャイズ球場も譲歩して協力する。とにかく、オールスター戦中止という事態だけは、人気低迷に歯止めをかけるため避けなければならない。
 公式戦再開に際し、オールスター出場選手の調整が厳しくなる? とぼけたことを言うんじゃない。そんなのは当たり前だ。選手たちはオールスターという晴れの舞台で自らの存在を広くアピールするチャンスを与えられているんだ。そして、彼らは、そのことを光栄に感じ、少しでも自分をアピールする場面が欲しいと思っているはずだ。だいたい、プロのスポーツ選手なんて、根がエエカッコしぃでなきゃやってられないんだから(笑)。
 いみじくも藤川が言っていた。“清原さんや(バッテリーを組んだ)古田さんは子供の頃から憧れていた特別な存在。その人たちとオールスターの舞台に立てて感無量”だと。そして“本当は(清原に)バックスクリーンに打ち込まれたかった”とも。オールスターという舞台の意味、プロの何たるかを端的に表現した発言ではないか!
 それなのに、やれ来季から早くも交流戦を縮小するなどと取り沙汰され、一部にはオールスター戦を1試合のみにしようとの言語道断な意見も出ているのだとか……。寝言は寝てから言え。そんな甘えたことを言っていられると思ってるのか?
 合併問題(その根本的な原因はプロ野球全体の人気低迷にある)に端を発する“再編・改造”に球界が揺れに揺れ、ようやく選手会が「ファンあってのプロ」であるという大前提に目覚め、各球団のオーナーサイドも選手とファンに歩み寄りを見せた…はずだっただろ。あれから、まだ2年しか経っていないんだぜ。
 低迷低迷と言ったって、オマエらは(選手も球団も)我がプロレス界の現状とくらべれば、まだまだ×100恵まれてるんだよ。今のうちにすべきなのは、勘違いしてアグラをかくことじゃないと思うけどぉ?

レニー再び
 以前に紹介した『ILenny』(7月6日付を参照)が、週刊ヤングサンデー最新号に再び掲載されている。グレイト。果たしてレニー(と浪人生・重夫)は、期待を裏切らないバカっぷりを今回も見せてくれた。
 どうでもいいが、宅浪生と思い込んでいた重夫は予備校生らしいことが判明。予備校に通っている上に、家庭教師まで付けられるとは……。もう夏だぞ、重夫。作中では(浪人生のくせに)学ランを着ていたりして季節感ゼロだが……。とにかく、エテ公より国語が苦手だなんて、シャレにならないヤバさだな(…って、漫画だから!)。
 そんなことより、レニーだよレニー! いやぁレニー、今回もオレ好みのクールなギ(ャ)グをかましてくれたな。よもや3度び会うことはないだろうけど、アイ・リメンバー・ユーだ。いい仕事だったぜ(ボブルスもな)。サンキュー&グッバイ、レニー! 
 
にゃんと……
 我が家の愛猫「のんの」が、実は男の子だったと判明(!)。2~3日前から“疑惑”が生じ、行きつけの動物病院で今日、オスと認定されたのだ。
 てっきりメスとばかり思ってきたが、オスとわかって納得…。のんのはメスにしてはパワフルすぎるというか、少々凶暴(笑)な面も目立ち、時々「のんすけ!」と怒られていた。それが本当にオスだったというわけ。
 もちろん、女の子であろうと男の子であろうと、のんのはのんの。かわいい大切な子であることに変わりはない。「宇宙人だろうと人間だろうと、ダンはダンじゃないの!?」…って、そりゃ違うか(でも、この言いようは何だよ? 「ダンはダン」とか言いながら、地球人だけが「人間」って言い草じゃん……)。
 いや~、しかし、ずいぶんオテンバなお嬢ちゃんだと思っていたら、じゃなくてワンパクな坊やだったと。そういうことなら必然的に教育方針も変わってくる。“ワンパクでもいい、たくましく育ってほしい”ってね。

ディスカバリー・ジャパン
           柘植駅

 14日(金)からの旅は有意義なものとなった。関東を離れ、大阪へと向かったが、品川から乗った新幹線を名古屋で降り、関西本線に乗り継ぐ経路を選択。これまで未乗区間だった三重県を通過(亀山で加茂行きに乗り換え)。のどかで風情に富んだ景色を味わった。
 夕刻に大阪に到着し、投宿先の府下K市へ移動。この夜、さらに翌15日(土)と2晩連続で兄弟分と杯を酌み交わし、深夜まで語らった。彼の地元の知り合いの方たちにもお世話になり、楽しい時間を過ごすことができた。
 15日の午後には、空き時間を利用して南海線で和歌山方面へ。前日の三重に続き、やはり未乗区間だった和歌山県をクリアし、本州の全都府県を一通り鉄道で旅したことになる(通過しただけの県も少なくないが)。
 これで北海道と本州を(とりあえず)制覇。残るは四国西部の2県(愛媛、高知)と九州南部の2県(宮崎、鹿児島)の計4県に…いや、あと沖縄も入れて5県か(沖縄には、いわゆる“鉄道”は走っていないが、モノレール線が通っているのだ)。
 ちなみにF紙の取材記者として全国を飛び回っていた経験が“本州制覇”に貢献しているかといえば、実はほとんど(まったく、だな)関係ない。当時、本州内では関東一円をはじめ宮城、新潟などへ出張したが(ほかに北海道、九州へも)、どの県もそれ以前に一度は訪れていた…恐るべし、なんちゃって鉄道おたく! と、我ながら思ってしまう。
 話は脱線したが(鉄道ネタだけに“脱線”はマズいか?)、いよいよ鉄道で旅していない県が残り5となり、ようやくリーチがかかってきた感じ。とはいえ、どこも関東から遠い県ばかり。また仮に“全県制覇”を達成しても、まだ乗っていない路線は(近県にも)いくらでもある。
 まぁ、しょせん“なんちゃって”なので、すべての鉄道路線を乗り尽くそうとか、そこまでの執着はない。ただ、好きは好き。鉄道旅行は数少ない趣味の一つだ。これからも、わざわざ最短経路を避けて目的地まで遠回りしたりして、自分なりの旅を楽しんでいきたい。
 ……って、なんかオレの人生みたいだな(苦笑)。とにもかくにも、急がず気ままに我が“ディスカバリー・ジャパン”の旅は、まだまだずっと続いていく。命あるかぎり“旅人”でいたいね(なんちゃって)。

[READ MORE...]
過激なセンチメンタリズム
 もはや旧聞に属する話題だが、小橋建太の腎腫瘍摘出手術成功が伝わった7日、全日本プロレスにレギュラー参戦中だった嵐(高木功)が大麻不法所持の現行犯で警視庁葛西署に逮捕されていた事実が明るみに出た(逮捕は5日)。業界全体にマイナスイメージを与える不祥事、ということになるだろう。よりによって小橋手術成功のニュースと同じタイミングで発覚しなくても……とも。
 「(ダメージの蓄積による)痛みを和らげるために使った」と、本人は取り調べに対し、服用を認めているという。これを受け、様々な反応が出ているが、その中で印象的だったのが、和田京平レフェリーの「個人的に仲が良かっただけに…なんてバカなことをしたんだという気持ち」とのコメント。鳴海剛氏も9日に話した際、ほとんど同じニュアンスのことを言っていた。
 和田氏は、嵐が本名の高木功でデビューした新人時代と全日マットに復帰してからの数年間、鳴海氏はリングアナウンサーとしてSWS、PWC、SPWFなどで嵐と“戦場”を共にしてきた。「バカなことを…」という両氏の言葉は、友情の裏返しと解釈できる。
 人には社会的な立場というものがある。あるいは両氏とて、今後は嵐と従前の付き合いができなくなるかも知れない。ただ、極端な話、昨日まで友人(仲間)同士の付き合いを重ねてきた人間が仮に今日、殺人を犯したとしたら、その人間は明日から友人(仲間)ではなくなるのか? と、そういうことだと思う。
 かく言う筆者もF紙の記者時代、弁の立つ同選手に独自にコメントを求め、その内容を記事に反映したことが何度かある。最近は顔を合わせる機会がなかったものの、以前はフランクに会話を交わしていた人が社会的に落伍者の烙印を押されるのは、身から出た錆とはいえ……。
 嵐こと高木功選手の再起を願うものだ。 


[READ MORE...]
ひとでなし
 8日に遅ればせながら手に入れた『聖飢魔Ⅱ激闘録 ひとでなし』を読み終えた。歴代の構成員(俗に言う“メンバー”)をはじめとするスタッフら多くの関係者の膨大な証言を元に、バンド結成から解散を経て現在に至るまで約20年の歴史が、地球デビュー(俗に言う“プロデビュー”)以前から構成員たちを知る著者・山田晋也氏によって綴られている。
 プロのバンド(それも、あれだけ有名な)として14年も活動を続けていれば、その間に様々な出来事が発生する。初期に繰り返された悪魔事移動(俗に言う“メンバーチェンジ”)、デーモン閣下の女性スキャンダル発覚に前後して訪れた苦悩と低迷の時期、ソニーからBMGへの移籍etc。“ひとでなし”の構成員たちにも、それぞれ人並みに葛藤があった。
 セールス的にピークだったのは『蝋人形の館』ではなく、実は『白い奇蹟』(紅白で演奏したバラード調の曲、というかバラード)であり、それに続く『BAD AGAIN』だった。あらかじめ活動終了をプログラミングされていた1999年(魔暦元年)末を待たず、その3年前に解散が決断される寸前だった。…といった秘話が飛び出している。
 地球デビュー20周年を記念して昨年末、6年ぶりに期間限定で復活を果たした聖飢魔Ⅱだが、その再結集ミサ(俗に言う“ライヴ”)ツアーも終了。その模様を収めた大教典(俗に言う“アルバム”)や活動絵巻教典(俗に言う“DVD”)、そしてこの書は、これまで“食わず嫌い”してきた人たちが、聖飢魔Ⅱの音楽性や世界観に触れる最後のチャンスかとは思うが……。

             聖飢魔2激闘録ひとでなし 
[READ MORE...]
アン・ドゥ・トゥロワ…
 前回の“フリ”(「埼玉県越谷市内の某所へ」と画像)でわかる人にはわかる通り、一昨日(9日)はプロレスリング・ガロガ@越谷桂スタジオを視察。死神のマスコット版キャラ“死(しに)ちゃん”(ミゼット)のデビューや、にゃんこキッドVSつぼ原人、メインのカークラッシュ・デスマッチ(10人タッグ戦)などで、それなりに盛り上がった大会だった。
 試合後、なぜか会場に来ていた(笑)鳴海剛氏と久々に対面し、しばし立ち話。ガロガ悪の総帥“GO鳴海”に肉体を乗っ取られている間の記憶が彼にはまったくないようだ……。しかし、GO鳴海の総帥っぷりは、こちらの期待を裏切らない見事なものであった。
 SWSやSPWF、IWAジャパンなどでリングアナウンサーを務めた氏とは、駆け出し(こちらが)の頃からの旧知の間柄。当時から芸能活動(モデルや俳優、キャスティングも)の傍ら、主にリングサイドからプロレス興行をバックアップしてきた人だ。
 あくまで側面から興行なり選手たちを支える、という点において、おこがましいが共感できる部分も多く、また一流のリングスタッフとして尊敬もしている。だが、その“素顔”は端正なルックスとは裏腹に……やめておこう。氏のタレントイメージ(およびGO鳴海のニヒルなキャラクター性)を傷つけることになりかねない。
 それでは皆さん、ご一緒に「アン・ドゥ・トゥロワ(回って)、ガロガ~」……おっと! いけないいけない。あくまでニュートラルな視点で常に冷静な論評を心がけるべき立場でありながら、あやうく洗脳されかかってしまった(苦笑)。「もう、洗脳は解けました」(?)ということで。
 
日々雑感
 いろいろ書きたいネタはあるものの、なかなか落ち着いて更新する時間が取れず…。
 7日は横浜の新聞博物館を見学し、17日まで開催のスポーツ新聞展コーナーで“力道山ベルト”を鑑賞。8日はタンクトップにアロハ、下は短パンというファッションで都心を闊歩し(笑)、新宿の紀伊国屋書店で悪魔のバイブルを購入(?)。今日(9日)は今日とて埼玉県越谷市内の某所へ。
 とにかく、こうして何かと動き回ることが、己の血となり肉となる(はず)。
          
20060709115215.jpg


猿子
 のんのはバスケットに入って動物病院へ出かけるのにも慣れ、悠々自適に毎日の生活を満喫している様子。彼女自身としては特に楽しんでいるといった意識はなく、瞬間瞬間を懸命に目いっぱい生きているのだろうが。ただ、我が家で人間たちと一緒に生きていく彼女なりのスタンスは、しっかり見つけているようだ。
 そして、もちろん我々人間は、新しい家族との生活に退屈することはない。まだまだ小さなのんの。でも、彼女の逞しいバイタリティーに人間たちはおぼんこぼん…? ちゃった、てんやわんや。そのすばしっこさから、最近「猿子(ましらこ)」という徒名まで付いたほど(まぁ、オレが付けたんだけど)。
 そんな猿子のんのを、とうとう全世界に向けて(笑)お披露目しよう! 
↓CLICK↓ ※ワンクリ(ニャンクリ?)詐欺とかじゃありません。
[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。