月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マット界昨日・今日・明日(完結編?)
 前回の続きを結局10日以上も放置してしまった(やるんじゃないかと思ってたよ!? あいすみません)。さて、前回“(つづく)”としたのはワケがあって、だってタイトルが「~昨日・今日・明日」なのに、「明日」への可能性に触れてないじゃん? と。まぁ、「昨日」も語らず、今日(こんにち)の状況について述べているだけだが…。
 ただ、もはや悠然と構えていられない、との認識は示した。それを重々認識した上で、いかにプロレスと向き合っていくか。一つには、大衆に振り向いてもらうことを諦め、マニアックなファンだけを読者層に、底なし沼の底まで深く深く掘り進んでいく…それも骨の折れる作業ではあるが、やりがいはあるだろう。
 今年、編集に携わった『昭和プロレス激闘録』(6月発刊)は、現役マニアの欲求に応えることを目指した半面、オールドファンの掘り起こしという崇高なる任務をも担っていた(?)。オールドファンがプロレスに熱中した日々に思いを馳せ、PRIDEやK-1しか知らない子や孫に「ワシの若い頃には力道山や馬場・猪木ら、強いプロレスラーがゴロゴロおってのぅ。凶悪な外人レスラーどもを片っ端から……ふがふが」(おじいちゃん、入れ歯はずれてるよ!)と語り聞かせ……って、いやぁ気の長い話だ。
 なんだか少し脱線したような。とにかく、最初から割り切ってマニア受けだけを狙うのも手だが、それではどんどん先細っていってしまう。このご時勢の中、ノアやドラゲーのように若いファンを新規に開拓している団体もある。若いファンを獲得している団体からはまた、若いスターが育っている。しかし、業界全体を活性化する起爆剤となり、世間に届くヒーローとなるにまでは至っていない。
我々関係者は、あくまで裏方であり、リングを側面から盛り立てることしかできない(本来それが使命だろう)。いくら理屈を並べたとて、できることは知れている。当然ながら、救世主たり得るのはレスラーだけである。
 いつまで救世主の出現を待っていられるのか。その間せいぜいできるのは、気長に土壌を耕し続けることぐらい。だが、個人的には7年前、媒体を離れた時点で覚悟はできている。
 ぶっちゃけ、なかなか採算に見合わないため、いっそビジネスとしてプロレスに関わるのは一切やめようかと思った時期もあった(これは業界の斜陽化ウンヌンより、個人の“力”の問題で。“力量”とは言わない)。その都度、見えざる力に後ろ髪を引っ張られてきた。いいかげん引っ張られすぎて、次は毛根ごとゴッソリいってしまうかも(?)。
 そんな薄氷を踏む思いと、自分の中での駆け引きは7年前から続いている。だから毎回、“これが最後になるかも知れない”との覚悟を持って、与えられた仕事に臨んでいる。
 次が最後かも知れないんだから、思いっきり自分の好きなことだけやろう…なんて、豪胆ってかワガママってか向こう見ずな性格だったらいいんだけどね(?)。どのみち、そんな“力”もないし……。ま、幸い次のチャンスも与えられているので、Better than Nothingの精神で人事を尽くすのみ!
スポンサーサイト

マット界昨日・今日・明日
 我が古巣・週刊ファイト(新大阪新聞社)の休刊が決まった。以前から、危ない危ないと情報は聞いていたが……。フランク井上こと井上譲二編集長はじめ、昔なじみの先輩スタッフたちの心中を察するに余りあるものがある。
 しかし、このファイト休刊という事態が昨今のマット界事情を雄弁に物語る現実なのだ。休刊の告知が掲載されたファイト先週号(13日発売)の1面トップには、“PRIDE不滅 人気再爆発”との見出しが躍り、さいたまスーパーアリーナに4万7000人の観客を動員したPRIDE無差別級GP決勝の盛況ぶりが大々的に報じられている。
 ファイトは、あくまで“プロレス専門紙”であり、“プロレス&格闘技専門紙”ではない。休刊の告知文にも「創刊以来、プロレスに対しての独自の目と、活字プロレスというジャンルにおける展開、新聞形式タブロイド版のユニークなスタイルで専門紙としてプロレス報道を続けてまいりました」とあり、文中に“格闘技”という文字は見当たらない。
 先週号を読み進んでいけば、たとえば“長州現場監督 去就に注目、興行不振で解任も”といったファイトらしいネタが随所に見られるものの、それでもPRIDEの記事がトップに来るのだ。これが“PRIDE存亡の危機”と“長州政権安泰”だったなら、PRIDEの記事をトップに据えるのがファイトらしさとなるのだが……。
 しかし、そんなことは紙面を作っているスタッフたちが、誰よりも痛切に感じているだろう。かようにプロレス界を取り巻く情勢は厳しい。とはいえ、業界の地盤沈下が始まったのは昨日今日ではない。“メジャーどころ”のテレビ中継が真夜中の時間帯に定着してしまって久しい中、これまでプロレスを週刊サイクルで報じる媒体が3つもあったことこそ、むしろ異常だったと考えるべきか。
 ただ、異様な生命力を誇るのがプロレスである。時代につれ形を変えつつ、決して消えてなくなることはない。だが、「そのうち何とかなるさ」と、その生命力を妄信していられない時代が訪れた…いや、とっくに訪れていたことを改めて思い知らされたファイト休刊のニュースである。(つづく)

深夜旧交
 昨日は三崎町の某所へ。すっかり顔なじみとなった編集者A氏と旧交(?)を温めつつ、新たな企画の打ち合わせ。しっかり打ち合わせもしてきたが、ついつい旧交を温めすぎて、東京駅八重洲口から深夜バスで帰宅するはめになってしまった(笑)。
 どんな企画か、守秘義務があるので(?)手の内を明かせないが、前回作以上にマニアックな内容になりそうだ。好事家の皆さんには、乞うご期待といったところ。…って、くれぐれもよからぬ想像をしないように!(笑)
 しかし、こんなご時勢だというのに、こうして声がかかるのだからありがたいことだ。それだけで感謝しなければ。ま、がっちり仕事して、仕事した分だけいただくものは(がっちり)いただきますがね(笑…じゃないなぁ)。

[READ MORE...]
お茶の間プロレス
 先週末の9日(土)はノアの日本武道館大会、そして10日(日)は地域密着団体「沼津プロレス」の旗揚げ戦@キラメッセぬまづに顔を出してきた。
 武道館のメインでは、秋山準と丸藤正道がGHC王座を賭けて激突し、さすがにヘビーとジュニアの天才同士の一戦らしく、両者ならではの非の打ちどころのない攻防を展開した末、丸藤が王座奪取を果たした。
 一方、キラメッセでは、地元出身の選手を中心に据え、愛鷹牛の化身「牛神ザ・グレート・アシタカ」、みかん戦士「寿太郎」、お茶戦士「カテキング」といった、ご当地名産品のキャラクターマスクマンが大衆向けのプロレスを繰り広げ、満員の会場を大いに沸かせた。
 あれもプロレス、これもプロレス。「プロレス」という看板を揚げてさえいれば、何もかもプロレスとは認めたくないが、団体や興行規模の大小、出場選手のネームバリュー(知名度)にかかわらず、いいものはいい(悪いものは悪い)。
 その点、「お茶の間プロレス」をコンセプトに掲げ、「娯楽プロレスへの原点回帰」を目指す沼津プロレスの旗揚げ戦は、掛け値なしに素晴らしい興行だった。関係者ぶって(?)“合格点”などと評するのではなく、一プロレス愛好者として“万々歳”と言いたくなるプロレスに久々に出会った。
 はっきり言って、今年に入って会場で観た興行の中でベストだった。ベストと言うからには…前日の武道館も上回っていた、ってことに当然なるね。これはもう、個人的な嗜好や感性の問題だが、プロレスらしい開放感・伸びやかさと暖かみで沼津プロレス旗揚げ戦に軍配を上げる。沼津まで足を運んで本当によかった。
 ちなみに同団体の旗揚げ第2戦は、所も同じキラメッセぬまづで11月5日(日)に予定されている。一ファンに戻って楽しみたくなる沼津プロレスに次回も期待し、ここにエールを送らせてもらう。


[READ MORE...]
蝉の抜け殻
 先日のこと(まだ辛うじて8月だったかも? とにかく、わりと最近のことだ)。夜けっこう遅い時間(早い話が深夜)、寝る前に体の一部分をメンテナンス(?)していたら、蝉の抜け殻状の特大のブツを発掘してしまった。
 しかも、その数日前にも、やはり同様に蝉の抜け殻状のブツを採掘していたのだが……。う~む、わずかな間に??? そうか! きっと、その時は前回と反対側から掘り出されたのだろう。…と思うことにした。

註)・・・蝉の抜け殻“状”であって、蝉の抜け殻“級”ではない、そりゃさすがに…。

 しかし、またも久々の更新、しかも今月に入って最初だというのに、希少な女性ファンをみすみす減らすような自虐ネタを披露してしまうとは……。相変わらずだな、オマエも(苦笑)。ふっ。
 なお、ワタクシの名誉および羞恥心(あるんだよ!)の保護のため画像は公開しません。…ってか、そんなもん撮ってね~から。誰が撮るかって!(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。