月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じわじわ
 新刊「プロレス ザ・レトロマニア」が21日から売り出され(わかったよ!)、プロフィール欄の画像も同誌の表紙写真に変えたが、6月に発売された前作「昭和プロレス激闘録」も愛着の深い一冊だ。これがまた、じわじわと売れ続け、なかなかの好成績を挙げていると聞く。まったくもって喜ばしいことだ。
            昭和プロレス激闘録
詳しい内容はベースボール・マガジン社サイトhttp://bookcart.sportsclick.jp/をご参照あれ
 “激闘録”にあやかって(?)、“レトロマニア”も売れてほしいなぁ…と。じゃあ宣伝ついでに、もう一つ。先日、思いがけずラジオ出演の話が舞い込んだ。正式に紹介を受ける“ゲスト”としては、メディア初進出を果たすことになる(Wow!)。
 正式な形では初進出だが、レスラーたちに紛れてテレビ番組(主にバラエティー)にエキストラ出演したことが過去10年ほどの間に数度。そのほか、F紙記者時代にはリングサイドの記者席やバックステージで報道陣の1人として取材に当たっている姿が、しばしば映ってしまっていたようだ(こちらはそんなことを意識している余裕などない)。
 あと、これはメディア出演ではないが、なんとプロレスラーとして活動していた当時の元横綱・北尾氏を街中で取材していたら、それを誰か中学の同級生が目撃したらしい。そして、「アイツは今、北尾の付き人をしているぞ!」という、妙な情報がまことしやかに広まっていたのだとか(!)。その同級生には、おそらくインタビュー後の写真撮影タイムを目撃されたのだろう。
 撮影時には、必然的にカメラマン以外の同行者(マネージャーや、それこそ付き人。誰もいなければインタビュアー)が取材対象(被写体)の荷物を持ち運ぶことになるので、“なんだか荷物を持って北尾とカメラマンに付いてってる奴=付き人”と思われたみたいだ。たしか北尾選手の荷物は小さく(セカンドバッグ一つだったか)、実際には自分自身の荷物(取材用カバン)のほうが重かったと思うが……。
 撮影時にライター(インタビュアー)ができる“補助”は、ほかに被写体の“自然な笑顔”を引き出すため、しょ~もない冗談を(カメラに写らない位置から)言うぐらい。2人分の荷物を持って、ご機嫌取り(ってわけじゃないんだけど)を言っていたら、へつらっていると思われて無理はないかも知れないな(爆)。
 思いっきり脱線したが、そうそう、初のメディア進出って話だった。でもこれが、一部地域(コミュニティー)のみの放送だったりするわけで(笑)。まっ、それもオレらしいなと。不器用じゃけぇ。じわじわと地道にね……。ラジオ出演についての詳細は、ここで追って報告いたす。でわ。
スポンサーサイト

我が家の王子様
 愛猫のんの(♂)が我が家で暮らし始めて早や半年。すくすくと、とっても“よいこ”に育ってくれた。家族の一員として、今ではかけがえのない…いや、それはうちに来たあの夜からのことだ。すっかり我が家に馴染んで…それもうちに来て3日目ごろには、すでに3年ぐらい住んでいるような顔をしていた。
 今では、もうそこにいるのが当たり前、時に家族の潤滑油として、時にトラブルメイカー(?)として、この子がいなくちゃ始まらない、そんな存在になっている。かわゆいかわゆい王子様(時に暴君?)の座に君臨しているわけだ。
 この子はかわいいだけじゃなくて、本当にあなどれない。まだ1歳にもならないというのに、日に日に賢くなっていって、こちらが困るほどだ。たとえば、外出のため着替えているとバレてしまう。自分も連れてけと、あやうく玄関に先回りされそうになる。
 よし! それじゃ今度、飲みに連れて行こうか? もう大人気でモテモテだろ~な~♪ …って、ウソです。ごめんなさい。冗談だってば。だいたい、のんのばっかりモテて、このワシが刺身のツマになってまうがな!(そうゆう問題かっ!?)
 (気を取り直して)とにかく、とってもいい子ののんの。特におりこうなのが、自分で次々に好きな居場所や新しい遊びを開拓していくところ(のんのが遊び回ったあと、家の中がわやくちゃになっていることはしばしばだけど)。夜中にタンスの上の狭いスペースで、いきなり自分のしっぽを追いかけるように、ものすごいスピードでぐるんぐるん回り出した時にゃ、かわいいやらおかしいやら…ちょっとコワいやら(笑)。
 この子は飽きるということを知らないようだが、この子を見てるとこっちも飽きないな~。一日中でも遊んであげたいけど、そうもいかんのよ、ニンゲンってやつぁ。ま、何はともあれ、これからも手を焼くほど元気なまま、この子が育っていくことを願い、家族としてできることは最大限していきたい。
 
 ところで今日、ビヨンセの新曲(?)PVを見かけて、何か違和感が…と思ったら、まともに(まともな?)服を着ていた。逆に新鮮だった(爆)。
 さらに話は変わって、21日に発売された「プロレス ザ・レトロマニア」が(くどいよ!)、ついにべ社の公式HPで紹介されたのでプロフィール欄の画像を変更した。詳しい内容はhttp://www.sportsclick.jp/を参照されたし!

女(?)の涙
 19日(日)夜はIWA.JAPANプロレスの新宿FACE大会へ。実は新宿FACEへ足を運んだのは初めて。前身の新宿リキッドルーム時代にも訪れたことがなかったが、新宿駅(東口)からのアクセスもよく、場内もリングが見やすく、くつろいで観戦できる造りになっている。なるほど、これならインディーや女子の新たなメッカになるわけだと、今さらながら感心(というか、これまでが不勉強でした……)。
 そして、Iジャの会場に顔を出すのも久々。旗揚げ時から断続的に関わってきた馴染み深い団体なのだが、このところ不義理を続けてしまっていた。で、久々に観たIジャ、この日はセミに登場したフリー参戦のダンプ松本に止めを刺す。
 年内引退を表明している渡辺智子とシングルで激突したダンプは、渡辺を流血させたものの、場外戦で自らも流血。ダンプの出血が止まらず、あの阿部四郎レフェリーが慌てて試合を一旦ストップ。すぐ延長に雪崩れ込んだが、渡辺がラリアットを放ちトータルタイム8分で半ば強引にフィニッシュへ持ち込み、なんと阿部レフェリーがダンプに不利(?)な高速カウントで試合成立を“アシスト”。
 ダンプの異常を察し、2度にわたって試合を止めた阿部氏の判断は賢明だったろう。しかし、収まらないのがダンプだ。勝ち負けウンヌンではない。残り少ない渡辺の試合、貴重な対戦のチャンスを、不完全燃焼に終わらせたことがプロとして悔しいのだ。
 「こんなのは試合じゃねぇ」と涙声で訴える極悪ダンプ。「リングで死ねたら、オマエ(渡辺)と闘って死ねたら本望なんだよ!!」とも……。過去、実際にリング禍が起きているだけに、そのまま言葉を捉えると肯定し難いアピールだが、“それだけの覚悟を持って試合に臨んでいるんだ”と受け止めた。
 ダンプ松本という異色のキャラクターは、とっくに男も女も超越している。だが、この日、“生涯一女子プロレスラー”ダンプ松本の苛烈な生きざまを、しかと見せてもらった気がする。

恐竜の肉
 21日(火)の発売を前に完成した我らが力作「プロレス ザ・レトロマニア」を取りに18日(土)の夕刻“ベ社”(別称“ベース”)編集企画部を訪問。すっかり当ブログのレギュラー登場人物となった編集者K氏と、そのまま2度目の打ち上げへ。
 今回は、この本のアートディレクションを担当したデザイナーⅠさん行きつけの、ザ・デストロイヤーも馴染みという六本木のドイツパブ(?)に乱入。Ⅰさんと同じ本に関わるのは4度目ながら、酒席を共にさせていただくのは初めてだったが、快くホームグラウンドに招いてくださった。
 そこでご馳走になったのが、アイスバインなるドイツの名物料理。これがとにかくでっかい肉の塊で、まるで「はじめ人間ギャートルズ」とか漫画やアニメに出てくる恐竜かマンモスの肉みたいなごっつさ(実際には豚肉とのこと)。
 それを一人で食いきるよう面白半分に強要(?)されたのだが、アルコールを嗜むとむしろ胃拡張気味になるという特異体質の持ち主のオレ様は堂々の完食! ごっつぁんした。でも、油をふんだんに使っているはずの料理なのに、ちっとも胸にムカムカこない絶妙の味だったな~。
 …というわけで、「プロレス ザ・レトロマニア」は、いよいよ21日(火)発売です!(って、くどいよ!!)

生還!(笑)
 21日発売の「プロレス ザ・レトロマニア」(ベースボール・マガジン社刊)の編集作業に11日未明まで追いまくられていた。社員編集のKさんと2人、深夜の居残り校正を続け(別に罰ゲームとかじゃない)、ようやく大団円を迎えたのが午前2時ごろ。
 とりあえず、そんな時間から帰りようがない。それはKさんも一緒で、2人で居酒屋にて“プチ上げ”となった。よもやま話を語り合いつつアルコールを嗜み、朝5時すぎに水道橋駅で西と東へ(また近いうち飲みましょう、Kさん。今後ともよろしく)。
 6月に出た前作「昭和プロレス激闘録」以上に今回は編集者としての比重が大きくなったが、なかなか内容の濃ゆい一冊に仕上がったと自画自賛している。ぜひとも21日の発売をお楽しみに。乞うご期待!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。