月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフは心の格闘技
 縁あってゴルフ誌(月刊「ゴルフダイジェスト」3月号)に初登場。どんな縁があったのか、上田桃子プロ(表紙イラスト)の左膝あたりに、ヒントというか種明かしが……
mgdc[1]
天下御免!
スポンサーサイト

Time is money!?
 1日の聖地初詣の後、4日から通常営業がスタート。恒例の新日本1・4東京ドーム、ノアの新春第1戦1・6ディファ有明、全日本の新春シリーズ最終戦1・9キラメッセぬまづ(ブッチャーに恐怖の洗礼を受けた!…都合により詳細は割愛)、「吉江豊お年玉プロレス」1・11新木場1stRING(謎の怪覆面マッチョ・ドラゴンは流暢な日本語を操り、増殖を示唆!?)と、今年に入って昨日までの11日間に5大会を取材。
 昨年暮の29日と31日を合わせれば、14日間に7大会…2日に1大会という近来まれなハイペース(当社比)で現場を回り、その間にもデスクワークや打ち合わせ、「新年会」と称する仕事仲間との飲み会やら何やらと、おかげさまで目が回りそうな忙しい日々を送っている。好きなことで飛び回ってて楽しそう? 充実してて羨ましい? いや~、たしかに楽しいし充実感もあるけど………あ、思わずパソコン打ちながら落ちてたよ。
 さあ~て、今晩は午後6時から都内某所で打ち合わせ、9時からは別件で場所を移ってミーティングと暗躍三昧だ(笑)。

いきなりベストバウト
  まったく慌しい日々を送っている年末年始。さいたまスーパーアリーナで「やれんのか!」を取材した大晦日の夜に続き、元日の今日は昼過ぎから後楽園ホールでZERO1-MAXの新年第1戦を取材。正直、疲れがピークを越えているような状態で、かなりヘロヘロだったが、やはり行ってよかった!
 ある意味で伝説の長州VSトム・マギー(86年)以来となる、22年ぶりに聖地・後楽園で開催される元日のプロレス興行という話題性もさることながら、それだけだったらスルーしていたかもしれない。メインが田中将斗と関本大介の一騎打ちだから、これは外せない!と思ったのだ。
 詳細な試合展開については、ここでは触れない。ただ、死力を振り絞って、胸が空く熱い闘いを見せてくれた2人のプロレスラーに敬意を表し、心から称賛を送りたい。スライディングD(スライディング式弾丸エルボー)3連発で関本を沈めた田中も素晴らしかったし、また敗れた関本が素晴らしかった。
 かつて「自分が燃え、相手が燃え、そして観客が燃える試合がしたい」と、ある男が言った。その理想を体現したかのような、“真っ白な”闘いだった。ホームリングの田中もビジターの関本もなく、観客の声援は完全に互角。
 どちらにも勝ってほしい、でも、どちらにも負けてほしくない。そんな空気を醸し出した闘いの末、2人の勝者が生まれた。「関本最高!」「関本ありがとう」--決着の直後、田中よりも関本へ送られる声援が上回っていた。その事実こそが、この一戦が勝敗を超えた闘いであったことの証明だ。
 「熱い試合ありがとう」「来てよかった」「この試合を観に来たんだ!」と、ファンの声が両雄とリングに降り注ぐ。記者の気持ちも同じだ。新しい年の初めに、こんな熱い試合を、昨夜のビッグイベントに勝るとも劣らない闘いを見ることができて、プロレスに関わって生きてきてよかったと心底思えた。
 2人のプロレスラーに、関係者の1人として感謝の言葉を伝えずにはいられなかった。本当に気持ちのいい試合だった。2008年1月1日、いきなりベストバウトが生まれた。こんな素晴らしい闘いに触れることができ、改めて誇りと責任感を噛み締めた次第だ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。