月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜ゴールデンにプロレス復活!?
 元インリン様(笑)とハッスルの告発合戦、サスケの暴行逮捕(携帯カメラで写した“被害者”のマナーも悪いと思うが…)、そして日テレがノア中継の打ち切りを正式に発表、ついでに『THE WRESTLER』(邦題『レスラー』)がアカデミー賞落選と、ここ数日バッドニュース続きのプロレス界。
 だが一方で、ひそやかに、しかし着実に、プロレス再生へ繋がる取り組みが進められている。ここでも何度か紹介した沼津プロレスに触発される形で、昨年から動き出した富士宮プロレス。いよいよ旗揚げ戦が5月15日㈮富士宮市民体育館に正式決定し、関係者たちの士気も上がる一方だ。
 “宮プロ”の旗揚げ戦には、友好関係を結ぶ“沼プロ”ももちろん全面協力。5・15富士宮に向けて22日㈰に開かれた両団体の合同ミーティングには、なんとNHKのカメラが入り、その模様は3月6日㈮午後8時からの「フジヤマTV」(NHK総合:静岡県内のみ放映)で流れる予定だという。ローカル番組ながら、金曜8時台のお茶の間にプロレスが帰ってくるのだ!
 こんな時代だが、いや、まだ人々の脳裏にゴールデンタイムで中継されていた“プロレス”の記憶が残っている今だからこそ、良質なプロレスを一般市民に届け、大衆娯楽としてのプロレスを甦らせるべきである。ここらが最後のチャンスだろう。この草の根的な取り組みは、決してゲリラ活動ではない。これこそが実は正攻法なのだと信じる。

        合同ミーティング
スポンサーサイト

[READ MORE...]
ビッグマッチラッシュ(?)
  内外からビッグネームの特別参加を得て、恒例の1・4東京ドームを成功させた新日本プロレスは、来たる15日に両国国技館大会を開催する。1・4で全日本の武藤敬司から団体の至宝・IWGP王座を取り返した棚橋弘至がライバル・中邑真輔を挑戦者に迎えて初防衛戦に臨み、IWGPタッグ王座を1・4で失った真壁刀義&矢野通はアメリカTNAのチーム3Dに奪回戦を挑むなど、好カードがラインナップされている。
 そして、この新日本2・15両国を皮切りに、主要各団体が次々とビッグマッチを放つ。NOAHが3月1日に日本武道館で、全日本プロレスが3月14日に両国で大会を開催。3月22日には、ドラゴンゲートが両国に初進出。さらに新日本の4・5両国が決定した。
 なかなかのラッシュぶりである。近年、こんな短期間にビッグマッチが集中したことは、ちょっと記憶にない。とかく元気がない言われるプロレス界だが、各団体が大会場で興行を開催し、話題を振りまくことは、もちろん悪いことじゃない。
 でも…もうちょっと、エネルギーを有効に使えないものかとも思う。つまり、各団体がバラバラ好き勝手に(それぞれ無理しながら?)過密日程でビッグマッチを打つより、業界全体のパワーを集結させて世間にアピールできたらなぁと。
 ただ、肝心のプロレスファンの細分化が進んでいるため、業界全体を巻き込む話題を提供できても、それで果たして各団体のファン(顧客)が喜ぶのかという問題はあるのだが。ノアのファンはノア、ドラゲーのファンはドラゲー、ハッスルのファンはハッスルの試合(選手)さえ見られれば、ほかには無関心という傾向が強まっているようだ。
 やっぱり、求心力を持ったスターが出てこないことには(言い換えれば、業界を挙げて育てないことには)……。それが無理だとは思わない。すでに救世主たる人材は出現している。まだまだ若い彼が、齢を食ってしまわないうちに……。 
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。