月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるプロレスラーの死
 昭和の世に生きた、あるプロレスラーが一生を終えた。
 短い夏のような栄光の瞬間を味わい、元号が変わってから意外な形で再び人気を博した、その男は最後まで、ある意味で誰よりも頑なに“プロレスラー”を通し、その苛烈な業を背負ったまま旅立っていった。

 剛 竜馬選手の訃報に触れ、ここに謹んで哀悼の意を表します――お疲れ様でした。

 
DSCF0117.jpgDSCF0122.jpgDSCF0124.jpg



text&photos by CHIBUSE JOE
スポンサーサイト

大成功! 蝶野25周年記念10・12両国 
 たまには、いわゆる“メジャー”の話題も。 
 カラフルなカードが並べられた「蝶野正洋25周年特別興行」新日本プロレス10・12両国国技館は、立ち見も出る掛け値なしの超満員で大成功。最初っから最後まで盛り上がりっぱなしだった。あの強気で鳴らす“ナルシスト”(?)武藤敬司(全日本プロレス社長)が、「非常に参考になりました。勉強させていただきました」と試合後のコメントで述べたほど。
      091012-0109.jpg
 上の画像は、第1試合中に1階後方から撮影したもの。盛況ぶりが少しは伝わるだろうか?
 
 マッチメークの妙をはじめ、さまざまな要素が重なっての結果と思うが、まずは一安心といったところ。
 メインの6人タッグ戦には、“主要3団体”(新日本、全日本、NOAH)からトップどころ2人ずつが登場(蝶野&武藤&小橋建太VS秋山準&小島聡&中西学)。セミファイナルでは中邑真輔のIWGPヘビー級王座に、亡き橋本真也の魂を継ぐZERO・1を代表して大谷晋二郎が挑戦(新日本退団直前の01年2月以来、8年8か月ぶりのIWGP再挑戦)。
 第1試合の時間差バトルロイヤルには、藤原喜明、タイガー戸口、グレート小鹿、小林邦昭ら、昭和レジェンドが大挙して参加(レフェリーは山本小鉄)。KONISHIKIが特別レフェリーとして、“リングデビュー”。坂口征二も来場。さらに長州力、初代タイガーマスクのビッグネームから、DDTが誇る新生・飯伏幸太まで参戦。
                        091012-0110.jpg
 ここまでやって集客が上がらなかったら、もう関係者一同、首を括るしかないぐらいの話でもある。しかし、ただ客入りが良かっただけでなく、大観衆の好反応を肌で感じ取ったからこそ、先の発言が武藤の口から出たのだろう。
 詳細に感想を記す時間がないが、ひとつだけ。メインでリングに並び立った蝶野&武藤&小橋を目の当たりして、その圧倒的な存在感を改めて痛感し、と同時に“さて、反対側のコーナーの3人のうち、誰が楯突く(仕掛ける)かな?”という興味が沸いた。その答えは、筆者の中で予想通り。
 秋山準である。

富士山麓に牡牛鳴く(…モ~!)
 4日付の記事で告知したように、5日(月)のNHK総合「生中継 ふるさと一番!」で沼津プロレス&富士宮プロレスが紹介された。http://www.nhk.or.jp/furusato/koremade/koremade_20091005.html
 タイトル通り生放送の番組に合わせてエギジビションマッチながら試合も敢行してしまったから、なんとNHK(地上波)の全国ネット番組でプロレスが“生中継”されたわけである。これは、おそらく、力道山&木村政彦VSシャープ兄弟(1954年2月)以来55年ぶり、ということになるだろう。日本プロレス史に記されるべき一大事件だ。
 さて、当日の放送をリアルタイムで見たが、沼プロや宮プロに触れたことのない大多数の視聴者の目には、どのように映ったのだろうか、どこまで“届いた”のかが気になる。
 筆者個人の客観的な感想としては、十分にアピールは成功、地域に密着して活動する沼プロと宮プロの存在意義を伝えられたと思う。選手では特に、巨体を揺すって画面狭しと躍動した牛神ザ・グレート・アシタカのモ~烈なハッスルぶりが光り、存在感が際立っていた。フレームアウトして、お茶の間に飛び出しそうな迫力だった。やっぱり大きいことはいいことだ。
 が、その一方で、“欲を言えば、ここをもうちょっと…”と感じる部分も、いくつかあった。具体的に挙げると、冒頭に登場した湧水ブラザーズのコスチュームは練習着みたいだなぁ(一瞬、シロウトがリングに上がって“ごっこ”をしているように見えてしまわないだろうか)…とか、植松寿絵とサクヤのハイレベルな攻防をもっと流してほしかったなぁ…とか、最後どうせマッチメーク関係なしのバトルロイヤル状態になるんだったら寿太郎は“必需品”だよなぁ…とか。
 20分強という限られた放送時間、特定の人物や産業なり文化にスポットを当てつつ地域(この日は富士宮からの中継だった)の魅力を紹介するという番組の趣旨、制作サイドの意向など、さまざまな“制約”がかかったことは容易に想像がつく。いかんせんプロレス中継番組ではない以上、そこまで求めることはできない。
 そうした事情を踏まえた上で、それでも筆者が“もっと”と思ってしまうのは、もちろん重箱の隅をつついて難癖を付けたいからではない。取材を重ねてきた沼プロと宮プロの魅力を熟知しているだけに、それがうまく伝わっただろうかと半ば身内のような心情でヤキモキしてしまうからであり、期待値に比例してハードルが高くなっているから。だが、それは、予備知識を十二分に持った人間ならではの感想であり、また根本的にプロレス記者あるいは関係者の視点によるものである。
 この画期的な放送を、いわゆるイチゲンさんたち(それも、特にプロレスファンではない人や、昔は好きで中継を見てたんだけど…という人)が、どのように捉えたのだろうか。そこが大いに知りたい……。
 
numamiya091005-3.jpg 



知られざる名勝負
                     DSCF0105.jpg
 1日付の記事に推奨カードとして挙げた一番、松崎和彦VSマスクド・ミステリーのスペシャル・シングルマッチを見届けに、昨日4日(日)はガッツワールド北千住(シアター1010)大会へ。セミファイナルに組まれた同一戦は、期待に違わぬ好勝負となった。
 試合前に松崎が「今日は昭和の闘いを見せる」と予告した通り、クラシカルでオーソドックスな攻防戦が繰り広げられた。最後は松崎の首固めを切り返し、ミステリーが金星を奪ったが、その結果よりも、グラウンド技を中心とする松崎の巧みなレスリングに対して、ミステリーが互角に渡り合ったことを特筆したい。
 ミステリーを“知られざる試合巧者”と評しておきながら、これほどまでに…と言ったら(読者にも本人にも)失礼だが、その秘めたる能力の高さに正直ちょっと驚かされた。いや、ミステリーが五分の闘いに持ち込むにしても、恵まれた体格を生かした攻めで松崎のインサイドワークに対抗するだろうと予想していたからだ。
 一方、松崎は自分の土俵で勇み足を踏んだ(?)形になるが、己の持ち味を存分に発揮できる好敵手(いわゆる“手の合う”相手)の出現に“我が意を得たり”といったところか。早くも雪辱を期し、ガッツワールド次回大会11・8蕨(イサミレッスル武闘館)にて再戦を要求した。このカードは、ガッツワールドの名物にもなり得る。

 さて、松崎VSミステリーばかり書いたが、ガッツワールド10・4北千住は、リッキー・フジや保坂秀樹のゲスト参戦も得て、全体的にムラのない興行となった。この日は第1試合に出場したダイスケらが徐々に力を付けてきた。12月には5周年興行を控え、着実にレベルアップを図るガッツワールドだ。

またしても快挙!! 沼プロ&宮プロ
 明日5日(月)12:20より、NHK総合(地上波)の生中継番組「ふるさと一番!」にて、“富士山ろくにゴング鳴る”と題して、沼津プロレスと富士宮プロレスの活動が紹介される。中継に合わせて、特別試合も挙行してしまうという。
 百聞は一見に如かず。プロレスファンなら、明日の「ふるさと一番!」を見るべし!! 「い●とも」なんか見てる場合じゃないぜ!?

注目! この一番
 ちょっと気になるカードがマッチメイクされた。ガッツワールド10・4北千住(シアター1010、試合開始18:00)にて、スペシャル・シングルマッチと銘打って組まれた松崎和彦とマスクド・ミステリーの一戦。知る人ぞ知る実力者・松崎と知られざる試合巧者・ミステリーによる一騎打ち、これは大いに期待を寄せて注目したい好一番だ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。