月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目!この興行
 ここで参上を予告しながら、すっかり取材記を上げるのが遅くなってしまったガッツワールド11・8蕨(イサミレッスル武闘館)。そこで、その埋め合わせというわけではないが、1週間後に開催されるガッツ旗揚げ5周年記念興行12・5新木場(18:30開始)のポイントと合わせて紹介したい。
 まず、11・8蕨の注目カードに挙げた松崎和彦vsマスクド・ミステリー。10・4北千住に続いてセミファイナルに組まれた一戦は、バックドロップの連発で松崎に軍配が上がった。前回、首固め合戦の末に微妙なカウントでミステリーに金星を許した松崎が借りを返したが、今回は逆に敗れたミステリーがカバーを返したと抗議。試合後に両者は舌戦を繰り広げたのち、なぜか「それならば、タッグ戦で決着を付けようじゃないか!」という話で意見が一致した(普通だったら、タッグ対戦を重ねてから「そろそろシングルでシロクロを」となるのだが…)。
                   guts-w091108.jpg
 そうした経緯はともかく、12・5新木場ではディック東郷&松崎vsGENTARO&ミステリーという、試合巧者ぞろいの好一番が実現する。松崎とのシングル2連戦で力量の高さを示したミステリーは、GENTAROのバックアップを得て、12・5新木場でも他の3人に位負けしないファイトを見せてくれるだろう。しかし、90年代初頭から活躍する東郷と松崎の“40歳コンビ”に、ここは(ミステリーのみならず、10年選手のGENTAROにも)キャリアの差を見せつけてほしい。
 12・5新木場のメインは、ダイスケ組vsガッツ石島組のイリミネーション8人タッグ戦。梁和平(リャン・ウーピン)&角刈海坊主&デビル・インベーダーが持つGWC6人タッグ王座に、11・8蕨で竹田誠志(STYLE-E)、梶原慧(闘龍門メキシコ)とともに挑んだダイスケだったが、強引にレフェリーを務めた石島が当然のように王者組に加担してタイトル移動を阻止。ダイスケの再挑戦アピールも「結果を残してから言え」と却下され、12・5新木場では“査定マッチ”を課された次第だ。
                guts-w091108-02.jpg
 11・8蕨で初トリオを結成したダイスケ&竹田&梶原は、互いに補い合いつつ競い合うことで伸びていきそうな可能性を感じさせた。だが、ダイスケにはガッツワールドの“エース”として、12・5新木場で“結果”を残し、5周年記念興行をハッピーエンドで締めくくることが求められる。ここで負けてはシャレにならない。王座再挑戦も、元も子もなくなってしまう。
【追記(12月3日)】梁、梶原両選手の負傷欠場により、急遽カード変更。ダイスケ&竹田&バンジー高田vs石島&角刈&インベーダーのGWC6人タッグ選手権試合が決定した。
 さらに、12・5新木場の注目カードに推奨したいのが、アイスリボン提供の藤本つかさvs星ハム子。これは11・8蕨の再戦だ。アイドル的な人気と俊敏な身のこなしを誇る藤本に、“雑草”ハム子は連敗中。11・8蕨では、藤本の斬れ味鋭いビーナスシュート(三角飛び延髄)の前に、あと1歩のところで涙を呑んだハム子だが、どこか肩入れしたくなってしまう“味”がある。元々ガッツワールドのファンだったというハム子は、12・5新木場で藤本に一矢報いられるか――。
 また、若手ホープ・吉野達彦は、元STYLE-Eの翔太とシングルでフレッシュな対決。セミ前というポジションに期待の高さが表れている。そして、この5周年記念大会を最後に、旗揚げメンバーである異能の魔術師・SUZKIが引退。無二のパートナー・植松寿絵(怪奇派バージョン)とタッグを組み、リッキー・フジ&アップルみゆきと対戦するカードは、有終の美を飾るに不足ないものだ。
 そのほか、詳細については、ガッツワールド公式HP(下記)を参照されたし。 
 http://www.guts-world.com/html/schedule_result_box/091205.html

  
 
スポンサーサイト

影を慕いて~for the longest time~
 11月の初旬、前月に亡くなった剛竜馬さんに最も殴られた男であることを自負する、松崎和彦の闘いを追った――。
 松崎は、昭和最後の暮れに剛さんが、高杉正彦(ウルトラセブン)、アポロ菅原の両選手とともに設立したパイオニア戦志の第1回新人公募を知り、翌1989年に元号が変わって迎えた旗揚げ戦を前にパイオニアの門を叩いた、いわばインディペンデントの1期生。その年の10月、後楽園ホールにてエキビジョンマッチで初マットを踏んだものの、思うところあって一旦は師の元を離れた。しかし、雌伏の日々を過ごしたのち、3年後の92年に再起。やはり剛さんが興したオリエンタルプロレスの旗揚げに馳せ参じ、このマットで正式デビューを果たした。
 剛さんは、いわゆるインディーの指導者の中でも、昭和流の厳しく理不尽な教えを貫く代表格として知られた人。そんな師匠に、松崎は2度も弟子入りしたのだ。当然、“剛竜馬に最も殴られた男”となる。それでも、剛さんに厳しく鍛え上げられたことが、松崎にとって糧であり、誇りであり、己が己を認める証となっている(ライセンスみてぇな紙切れなんかより、そういう経験や自負がプロレスラーには必要なんだ)。
 パイオニア戦志から20年――師弟の絆は切れなかった。途切れかけたこともあったが、どこかで2人は繋がってきたのだ。そして、剛さんの死によって、その絆は永遠になった。
                090903a0002.jpg    090903a0005.jpg

 亡き師・剛竜馬とともに闘う松崎和彦。そこに興味があって、頑固プロレス11・1西調布、和志組11・5新木場、ガッツワールド11・8蕨と、その闘いを追った。3日間を通して見たものは、師の魂を守り伝えようとする松崎の心意気だったが、しかし、それは何も改めて見えたものではない。
 揺るぎない己のスタイルを確立した、松崎和彦という熟練のプロレスラーが目の前にいた。何のことはない。松崎和彦は、とっくに師・剛竜馬を昇華していたのだ。ある部分では、永遠に師に追いつけないだろう。だが、またある部分では、完全に師を凌駕した。
 プロレスラーとして最後の時を迎えるまで、いくら追おうとも亡き師の影に届くことはない。だから、追う必要はない。それでも彼は、師の影を慕いつつ、これからも続く長い道のりを歩き続けていくことだろう。松崎和彦とは、そんな男だ。

           091105aB050001.jpg   091105aB050109.jpg

写真撮影・提供:“022”国枝一之氏(4点とも) photos by Mr. Kazu Kunieda
撮影日:上2点=2009年9月3日、下2点=11月5日

猿一匹、狂えばカリスマ
 いまだにアップしていない、ガッツワールド11・8蕨など今月上旬の取材記と順番が前後するが、大日本プロレス11・20後楽園ホールの話題を。
 大日本の後楽園大会に足を運ぶのは、かなり久々だったが(正直、いつ以来か思い出せない)、この日はなんと言っても、6年越しで実現する葛西純と伊東竜二のデスマッチ対決がメインに組まれていた。それに、関本大介のパートナーとしてBJWタッグ王座を持つ岡林裕二や、石川晋也、河上隆一といった好素材の成長ぶりを、ナマの試合に触れて確かめたいと思っていた。
 結論から先に述べると、大日本は現状のプロレス界で間違いなく、いわゆる“インディー”のトップを独走する団体だと、改めて強く認識させられた。
 あえて12・4横浜文体のビッグマッチを待たず、機運が最高潮に達したところでマッチメークされた葛西と伊東の一騎打ちは、実現に至った経緯から「ひょっとして、この日を最後に葛西は引退するのでは?」という悲壮感も相まって、闘う両者と超満員札止め2013人の観客が異様な熱狂空間を共有する中で繰り広げられた。
 ここでは試合展開に言及しないが、とにかく“凄まじいものを観た!”というのが率直な感想だ。同じ後楽園で2年前に観た、永田裕志VS真壁刀義のIWGP戦に匹敵する凄まじさだと感じられた(どちらが上とか下とかいうことでなく)。
 バルコニーからのスプラッシュまで繰り出した葛西が、“覚悟”の差で伊東を上回り、30分タイムアップ寸前に勝利。「これといったタイトルも獲ってねぇし、これといってお金を稼いだわけじゃねぇけどよ、11年間、汗と大量の血を流してりゃ、今日みてぇなステキな日が来るんだな」とは、感無量の想いを表現した葛西のマイク。「今日が始まりだ、コノヤロー」と伊東に闘いの継続を呼びかけ、返す刀で「この両ヒザがブッ壊れるまでやってやる。ビコーズ、なぜなら、オメェらみてぇなク○ッタレのキ●ガイがいるからだ!」と、ファンに覚悟を伝えた……。
 バックステージに引き上げた葛西は、「年内引退も考えてたよ」と改めて告白。「でもよ、やっぱり伊東竜二だよ。今日、アイツとやってオレっちのデスマッチ心にまた火が点いた」と、コメントする葛西の側頭部には画鋲が刺さったまま。その姿を見て、永田の蹴りで側頭部を切り、おびただしい血を流しながら目をギラつかせて吠えた2年前の真壁がオーバーラップした。
 「こんだけ血ぃ流して、“大変ですね”って(他人は)思うかもしんねぇよ。でもよ、あのデスマッチのリングこそが、オレっちの生きる糧なんだよ、オレっちが輝ける場所なんだよ。あれを捨てちまったら、オレっちは廃人だ」は、映画『レスラー』のランディ・“ラム”・ロビンソンであり剛竜馬、そして小橋建太を思わせた。
 一方の伊東は、敗れはしたものの、葛西と思う存分、闘えるのが「嬉しくて」試合中、何度も自然に笑みが浮かんできたのを自覚していたというテンションのまま、コメントスペースに登場した印象。それも、「今日のお客さんの反応を見て、今のお客さんが求めているのは、この闘い」であると自負し、ある程度までの達成感を得られていればこそ。その上で、「これを、文体で宮本(裕向)と佐々木(貴)がどこまでできるのか、見せてもらいますよ」と、12・4横浜のBJWデスマッチ選手権をケン制することも忘れなかった。
 正直に言って、昨今のデスマッチは、いかにアイテムを使うか(というより、どのようにアイテムが使われるか)という発想の斬新さに重きが置かれているように感じ、否定的な目で眺めることが多かった(デスマッチであれ通常ルールの試合であれ、アイディアうんぬんよりも、あくまで生身の肉体を張った闘いであるべき、というのが揺るぎない持論だ)。
 しかし、この一戦は、そんな“否定派”の魂にも響く闘いだった。葛西純と伊東竜二――2人のデスマッチファイターに脱帽するとともに、称賛のエールを送りたい(特に葛西のカリスマぶりには感服した)。
 この日、セミファイナル(6人タッグ戦)では、BJWタッグ王者の岡林が石川にフォール負け。佐々木義人&石川が関本&岡林に挑戦を表明した。12・4横浜で王者組は古株のアブドーラ・小林&シャドウWXとタイトルを賭けて闘い、義人&石川晋は石川修司&木高イサミと対戦。義人組VSイサミ組は事実上の次期王座挑戦者決定戦といえ、12・4横浜の結果いかんで関本&岡林VS義人&石川晋のフレッシュなBJWタッグ戦が実現する。
 関本と、ゼロワンから移籍の義人。実績で先行する岡林と、デビューは3か月ほど早い石川。それぞれのライバル意識は見ものだし、岡林らと同じ08年デビュー(12月)の河上も出世争いに食い込んできそうだ。ここまでに名前が上がった以外にも、葛西と045邪猿気違’sを組む沼澤邪鬼、新入団の星野勘九郎、前座を暖める大黒坊弁慶と谷口裕一など、戦力は充実している。
 12・4横浜のビッグマッチを経て、来年3月には旗揚げ満15周年を迎える大日本プロレスは今や、業界全体が低迷する中で気を吐く一大勢力となった。

注目!この一番again
 好カードが並んだ新日本・両国国技館大会を尻目に、蕨まで初進出してきます。
 お目当ての一番は、前回10・4千住で好勝負を展開した松崎和彦VSマスクド・ミステリーの再戦。では――。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。