月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐えろ、そして燃えろ
 風雪に立ち向かいし勇猛なる男
 金網の鬼は俺たちの胸に――


 あなたは、我々の誇りです。
スポンサーサイト

我が意を得たり! 関本VS吉野達彦
  20日(日)の夜は、大日本プロレスが主催する「Dダッシュ」横浜にぎわい座大会へ。各団体から集められた若手精鋭陣中心の興行で、今回が個人的には初「Dダッシュ」だった。引き金となったのは、ここで何度か好素材として名を挙げている吉野達彦(ガッツワールド所属)が関本大介に挑むカードが組まれたこと。「これは観ておくべき」と食指を動かされた。
 この一戦に望んだのは、いわゆる“いい試合”ではない。現時点で両者の力の差は歴然。関本にはトップレスラーの強さを誇示してほしいし、それに対して吉野が喰らいつけるか――そこが見ものだと思った。結果、望み通りの“闘い”を見ることができた。
 吉野がコーナー目がけて飛んで来れば、関本は体ごとキャッチして投げ捨てる。ノーザンライトスープレックスを狙えば、フロントネックロックで阻止する。関本の攻めは厳しく、コブラツイストやブレーンバスター、チョップやヘッドバットで試合が決まったとしても、決して不思議はないほどだった。
 猛攻を受けながらも、吉野は持ち前のバネを活かしたドロップキックなどで反撃を試み、2度めのトライでノーザンを決めてみせた。しかし、得意の“アスリート”ジャーマンで関本を投げられず、走り込み式のラリアットを受けて13分ジャストで敗退。試合中、いつになく感情を露わに闘う吉野が見られたが、つまりはそれだけ必死だったということ。
 闘い終わり、関本が敗者の健闘を讃えて観客に拍手を促すと、吉野は首を激しく横に振って勝者の“情け”を拒絶。関本を相手に十分な善戦と映ったが、吉野自身は悔しさを隠そうとしなかった。その姿には、さらなる飛躍を確信させられた。そして、横綱相撲で完勝を収め、なおかつ結果的に吉野の新生面を引き出した、関本の堂々たるトップぶりには文句なしの評価を与えたい。

勇猛なる男に捧ぐ
 いずれ訪れることなのだと、とうに覚悟はできていた。
 実際、初めて報に触れた時も、我が耳を疑うでもなく、激しいショックに取り乱しそうにもならなかった。「ああ、“その時”がとうとう来てしまったか……」というのが、偽らざる心境だった。
 しかし、それから今まで、どうにも割り切れない感情が心に渦巻き続けている。
 たった一人だけ心の英雄を挙げろと言われれば、それはやはり、ラッシャー木村に止めを刺すのだろうと、我ながら改めて思い知った次第だ。

 これから我々は、いったいどうしたらいいんですか――

 「ラッシャー木村 お別れの会」および追悼興行は、6月26日(土)に東京・ディファ有明で開催されることがプロレスリング・ノアから発表された。
 金網の鬼と呼ばれた男を慕う我々は、その夜、いつ果てるともなく心の酒を酌み交わすことだろう。
 きっと吉原社長や若くして逝った奄美さんたちと再会を懐かしんでいるに違いない、大きな人とともに。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。