月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境を制裁せよ!(仮)
 もう2か月ほど前の話になってしまうが、これは必ず書かなくてはと思ってきたことを、いいかげん忘れないうちに書いておこう(苦笑)。
 6月30日(木)、久々に後楽園ホールへ出かけ、ディック東郷の日本引退試合を観てきた。外道との一騎打ち。ここで今さら評価を示すまでもなく、掛け値なしに絶賛できる内容だった。スタイル的に似たタイプだから、逆に意外と空回りする可能性もあるのでは?……と、ちらっと不安がよぎったものの杞憂に過ぎなかった。そこはさすが達人同士。
 “見る者を唸らせる”という表現があるが、ディック東郷の試合を観ていると、本当に唸ってしまう時がある、といったことを以前に書いた(ちなみに、その時はフィニッシュホールドであるダイビング・セントーンの完璧さに触れた)。そして、外道戦でもまた本当に唸った。今回は、彼がデビュー当初から使っているパワースラムの美しさに、改めて「ほーう!」(いや、「はーあ!」って感じだったかな?)と息を呑んだ次第。
 かくして尊敬する先輩の外道に“恩返し”を果たし、東郷は引退の花道を飾るワールドツアーへと旅立った。……ってのはまぁ、さんざん報じられていることで、それだけで今回の話は終わらない。といっても、ディック東郷については、ここまでだけど。

 ここから先は、あまり知る人のない、個人的といえば個人的な話。ひょっとして、また“あの選手”に繋がるのかと言われれば、そういうこと。6・30後楽園から3日後の7月3日(日)、西調布格闘技アリーナを訪れた。頑固プロレスのメインで、松崎和彦が興行の主宰者である大久保一樹とシングル対決するのだ。
 このところ頑固プロやガッツワールドのリングを主戦場に、相変わらず名バイプレイヤーぶりを発揮している松崎だが、シングル戦でメインを張る機会は珍しい。東郷VS外道を堪能し、その余韻に浸っているだけで、この一戦をスルーしたのでは自他ともに認める“松崎番”が何の己か!?――などと思い至って西調布へ。余談ながら東郷と外道、松崎、ついでに筆者は同じ1969年生まれでもある。
 ちなみに、この日の観客数は63人(主催者発表)。といっても、それで会場のスペースに対して十分な入りなのだ。その狭い空間を、松崎は完全に支配してしまったと言っていいだろう。対戦相手を躍らせ、観衆を乗せ、勝利を奪い、頑固ヘビー級王座を保持する大久保からタイトルを懸けての再戦要求を引き出した。来る9月4日(日)、所も同じ西調布アリーナで両者のタイトルマッチが決まったが、王者と挑戦者の立場は完全に逆転している。挑戦するのは、王者の大久保だ。
 潮流に背を向け、あえて己を小さな宇宙に追い込みながら、その世界を掌握する――。もはや松崎和彦は、あの畠中浩旭に肩を並べたか、あるいは超えてしまったかもしれない。大久保戦後、試合の感想を本人に問われて、思わず「いやぁ、畠中浩旭を超えたよ」と筆者は答えていた。ディック東郷とはまた異なる“プロの凄味”を見た思いだった。

                    nextposters.jpg
スポンサーサイト

禁断のデビュー!?
 直前の告知になりますが、インターネット放送の番組にゲスト出演します。
 概要は下記の通りです。

 8月29日(月)pm9:00~10:30
 自由が丘FM(インターネットTV) http://www.jiyugaokafm.jp/ 
 矢口壹琅の『iの言葉』 ※Ustream放送あり
 
 pm9:40~10:00頃に登場の予定です。Ustream版では、お好きな時間に(何度でも繰り返し)見られます(おそらく)。

 詳しいことは、見てのお楽しみということで。なにしろ、どんな内容の話をするかも含めて、当日の収録前に打ち合わせる予定でして……(笑)。そりゃまぁ、プロレスの話には違いないですけどね。

あの日から30年
 知床の岬にハマナスの咲く頃 
 思い出しておくれ 俺たちのことを……

  

  //http://www.youtube.com/watch?v=YiqZH8Rl6Js


 羅臼に沈んだ夕陽は今も、人々の胸を熱く焦がし続ける……
あれから20年…
so baby dry your eyes, save all the tears you've cried
ooh that's what Dreams are made of





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。