月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目!この一番@年越しプロレスin後楽園
 大晦日恒例となった年越し興行で大注目のカードが組まれた。ガッツワールドのホープ・吉野達彦が丸藤正道にシングルで挑む一戦だ。ほとんどの人は、これを大抜擢と感じるのだろう。たしかに、現時点での知名度や実績、それらをひっくるめた“格”の差は歴然……雲泥の差と言える。だが、このマッチメイクを無謀な賭けだとは、筆者は思わない――。

 12月3日。新木場1stRINGで、田村和宏(STYLE-E)とGWCシングル王座決定戦に臨んだ吉野は、惜しくも敗れ去った。紙一重の勝負だった。小柄な両選手の持ち味は俊敏な動き。いかんせん目まぐるしい展開となったが、単なる技の品評会ではなく、そこには攻防が存在した。闘いが見えた。田村が吉野の腕一点に集中した攻めを加えれば、吉野は田村の首に狙いを定めて反撃。負傷欠場のためGWC王座を返上した同門の先輩・ダイスケの魂を乗せたスライディングDを吉野が放ち、すかさず得意のアスリートジャーマンを決めた時には、勝負あったと思わせた。しかし、ほんの一枚だけ上手だった田村が、“アンドレ”(馬乗り式アームブリーカー)で勝負を奪った。この試合を、暫定的に2011年の極私的ベストバウトに挙げておこう(ほぼ決まりか)。
 バックステージで「あれだけの試合をして、“すぐに次また自分が…(王座奪還に乗り出す)”という気は?」と吉野に水を向けると、即答で「あります!」。さらに「自分は、まだ“若手”と思われてるでしょうが、それじゃダメなんです」と、自覚を感じさせる頼もしい言葉が続いた。これまで何度か好素材として紹介してきた吉野には、こうした積極性が欲しかった。
 10月16日の新宿FACE大会では、自身の試合後にリング上から年越し興行参戦をフライング気味に宣言。その日のメインでダイスケが田村からGWC王座をガッツワールドに取り戻すと、再び観客を前にタイトル挑戦を直訴。12・3新木場で同門対決によるGWC戦が組まれたが、ダイスケの宣戦離脱で前王者・田村VS吉野の王座決定戦に。あと一歩で田村に敗れて再び外敵にベルトが渡ると、吉野は悔しさを隠そうとしなかった。団体を背負うべき存在として自覚が芽生えた吉野に、今後への期待が高まる。

 そして吉野は、12・31後楽園の出場枠を勝ち取ったばかりか、ビッグチャンスまで得てしまった。いきなり真価が問われる局面でもある。ここで丸藤の胸を借りて田村戦を上回る好勝負を――と、強くは願わない。それは高望みだと思うからではない。丸藤には、むしろ吉野を突き放す非情さを見せてほしい。それでも、吉野なら食らいついて爪痕を残せると思うからだ。圧倒的なパワー差がある、あの関本大介にも食らいついた吉野ならば!
スポンサーサイト

“まだら狼”上田馬之助さんの訃報に触れ、慎んで哀悼の意を表します――




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。