月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emperor without a crown≒裸の王様
 ある身近な人物が気落ちしている。勤め先で急な異動が決まったと打ち明けられた。彼の苦悩の原因としては、仕事内容の変化もさることながら、名刺上の肩書きが変わることが大きなウェートを占めているようだ。
 悩みを聞かされ、理解できれば良いのだが、正直よくわからない。カッコつけるわけでも何でもなく、およそ肩書きというものにこだわりのない自分には、その苦悩する気持ちを共有してあげることができないのだ。
 かつて、こんなことがあった。某F紙で仕事を始めたばかりの頃、その日は午後の記者会見を取材して“お役ごめん”だったのだが、その足で某女子プロレス団体の後楽園ホール大会へ足を向けた。女子プロは担当外で、その団体というより、女子プロの会場を訪れるのはF紙の記者となってから初めてだった。
 報道受付に立っていた広報担当のスタッフに、当然ながら「失礼ですが、どちら様で?」といった反応を示された。こちらは名刺を差し出し、「今度、F紙で取材を始めたフリーの記者で、今日は見聞を広めようと思ってお邪魔しました」というようなことを、自己紹介を兼ねて説明した。
 すると、「ああっ、そうなんですか。ぜひぜひ!」と、広報の人はプレスパスを渡して会場内へ招き入れてくれた。そこで一瞬、“いい気”になった自分がいた。やっぱり専門紙の記者という肩書きは効き目が絶大だなぁ、と。
 次の瞬間、ほんの一瞬でもそう思った自分が嫌になった。じゃあ、今までのオレは何だったんだ? 単なる一介のライターとして活動していた少し前までの自分と比べて、そんなに今のオレは“偉い”のか?と。そんなことはない。オレはオレだ。逆に、それまでの自分に申し訳なく恥ずかしいと思った。そして、“ああ、ここは自分にとってゴールではなかったんだな”と悟った……。
 まぁ、そんなことがあったわけさ。で、実際、そこはゴールじゃなかった。言い古されたフレーズだけど、人生はゴールなきマラソン。途中で道を見失いかけ、走り疲れて立ち止まっても、また前を見て歩き出そうや。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
肩書き・・・
肩書きを捨てて3年。
悩むことも分からなくはない。
しかし、実質的に世の中に認められうる能力を持っていれば、
肩書きなんて、どんな組織に属しようが、自由業だろうが、
いくらでもついてくると思う。きっと、そういう状況であれば、肩
書きなんかにはこだわらない
のだろうけどね!

肩書きにこだわって生きるのではなく、肩書きが自然とついてくる
ような生き方をしたいと思う私です。
【2007/01/28 10:58】 URL | たむたむ #S2sjqLng [ 編集]

>たむたむさん
毎度!(笑)

いや、それがね、能力は十二分に持った人なんですわ。
それだけに、そこまでこだわることないのになぁ? と、思えてしまうわけでしてね。
ちなみに、彼は大切な仕事仲間で飲み仲間で、ついでにマラソンの師匠です。
【2007/01/29 01:43】 URL | GypsyJohnny #- [ 編集]

なるほど。。。
実質的に世の中にも十二分に認められうる能力を
持っているようなので、その組織でのその肩書きに
その人の主観的なこだわりがあるということに尽き
そうですね。

その組織に対する思い入れがあるのでしょうか。
またはその組織での役割に対するネームバリュー
をご本人が強く感じているのでしょうか。

いずれにしても、肩書きが大事であるのなら、その
組織で評価されないと思うところの肩書きは得られ
ないと思うので、何とか努力と運で、返り咲ければ
いいですね^^
【2007/01/29 02:53】 URL | たむたむ #mWLmoBkY [ 編集]


ついでのことに補足すると……あまりにこだわりがないほうが、きっと珍しいのだろう、稀有というか奇異なタイプの社会人なのだろう、それはそれで大きなネジが抜けてんじゃないか?(笑)、と。
価値観は人それぞれ。こっちこそ「無冠の帝王」を気取っていてもね…という意味合いのタイトルです。  
【2007/01/29 07:42】 URL | GypsyJohnny≒裸の王様 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/110-e478e2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。