月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプル・イズ・ベスト
 8日(日)沼津プロレスが“聖地”キラメッセぬまづへ帰還(同会場での興行開催は昨年11月の旗揚げ戦第2戦以来8カ月ぶり)。「沼プロ夏祭り」をコンセプトにした今大会には、多くのチビッ子ファンが詰めかけた。そして、その子どもたちの祖父母にあたる世代の観客も増えた印象。
 小学生以下は無料(未就学児のみではなく、小学生も!)、大人が同伴しても1人につき3000円、65歳以上は当日2000円と入場料金を低く設定しているので、興行を主催する団体側にとっては出血サービスだが、幼いファンの開拓こそ業界が真剣に取り組むべき課題だ。
 そうしなければ裾野が拡大しない。“プロレスを知らない子どもたち”の増えていく傾向に歯止めをかけられない。そこに沼プロは取り組み、実践している。プロレスを知らない子どもなんて、沼津にはいないんじゃないかと錯覚させられる。いや、いつか本当にそうなるかも知れない。
 また、年配の観客が増えていることも見逃せない。同プロのブッカーを務める某選手は、おじいちゃんおばあちゃんが孫を連れて会場へ来てくれるようになれば…と、それが目標であり、理想だと語っていた。いつからかマニアだけのものになってしまったプロレスは、かつて大衆娯楽の王者だった。
 親しみやすいカラフルなキャラクターが登場する沼津プロレスは、実は一面で壮大なテーマと闘っているのだ。親から子へ、子から孫へと受け継がれてきたプロレスを明日に繋げようと。あらゆる世代が楽しめるプロレス、見ればわかるプロレスを目指して。
 ヒーロー系のマスクマンが華麗な立体技を披露する一方で、みかん戦士・寿太郎や牛神ザ・グレート・アシタカといった実力派のヘビー級がリングに厚みを加える。1発のブレーンバスターで沸く、懐かしいプロレス。それが沼プロの最大の魅力だと、個人的には思っている。
 
 折からの台風の影響で沼津市周辺に被害が及んでいるようで気がかりだが……大事に至らないことを祈るばかりだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/127-154b59e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。