月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硬軟自在のリング旅パート1
 インディー1期生の生き残り・松崎和彦がリング生活20年を迎えたことに前回の記事で触れた矢先、急な形で思わぬ話が持ち込まれた。彼の主戦場となっているガッツワールド・プロレスの、5・3新宿FACEでリング表彰をおこなうので、ついてはプレゼンターを務めないか、との誘い。
 連絡を受けたのは、前回のブログを上げた翌日、大会の2日前という慌ただしさだった。あたかも出来レースだったように思われてしまいそうだが、まったく瓢箪から駒といったところ。とにもかくにも、せっかくの話を断る理由もなく、大役を引き受けることになった次第。
 しかし、これまで「ファイト」や「レジャー」の記者として、やはり表彰式で何度かリングに上がっているので、あまり緊張もしないだろうと思っていたものの、これがまた勝手が違った。まず、会場に入ってから、観客の中に顔見知りのファンの方たち何人かを発見してしまった。なんだか妙に気恥かしい。しかも、よく考えてみたら、これまでは毎回“各社代表”うちの1人だったが、今回は自分だけ。いやぁ、落ち着かなかったなぁ(笑)。…なんてことはさておき、肝心の試合の話をしよう。
 松崎は5・3新宿の第3試合のタッグマッチに出場。パートナーはアップルみゆき、対戦相手は極悪海坊主&角刈海坊主というカードだった。アップルを執拗に付け狙う角刈と、その乱行をたしなめるどころか尻馬に乗った極悪…“海坊主コンビ”の編隊(変態)攻撃からアップルを守り抜き、試合を試合として成立させられるか――が、松崎に課せられたテーマだ。
 乱痴気騒ぎが繰り広げられる中、天下一品の切れ味を誇るカウンターネックブリーカーをダブルで決め、相手チームの暴走を止めた松崎は、アップルの逆転フォールをアシストして、きっちりと役目を果たした。それにしても、あの“硬派・松崎”が今や、美形女子レスラー・アップルとコンビを結成しているのだ――。それでも寡黙を保つのが、この男のプロ中のプロたる由縁である。
 さて、ガッツワールド5・3新宿は、まさに何でもありの内容となった。W★INGリバイバルのデスマッチ後には、あの茨城氏までトレードマークのセカンドバッグを脇に抱えたままリングイン。大会を締めるメインのタッグ戦では、団体のホープ・ダイスケがGENTAROにアタック。田中将斗の強力な援軍を得たダイスケだったが、GENTAROの巧技・前方飛びつき十字固めで3カウントを奪われた。
 エネルギッシュな好選手であるダイスケは、メインイベンターとして、もう一つアクの強さが欲しいところか。ただ、“発展途上”を自覚しているので、まだまだ伸びしろがあるだろう。一方、GENTAROのパートナーを務めた矢野啓太は、各団体で経験を重ねるうちにしたたかさを身に付けたようだ。
 ガッツワールドは、ダイスケの地元凱旋興行6・14茂木町(栃木)を挟み、8月22日㈯の新木場1stRING大会ではタッグトーナメントを開く(松崎&アップルの参加は決定的)。いささか気の早い話だが、この8・22新木場はビアガーデンプロレスとして開催されるので、同団体を未見の方は残暑払いがてら足を運ぶのも一興ではないだろうか。(パート2へ続く)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/182-7e0b074b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。