月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“DREAMERS”5・24新木場
 24日(日)は、かねて取材予定に挙げていた夜のIWA.JAPAN旗揚げ15周年記念興行・新宿FACE大会の前に、13:00試合開始の「WRESTLING DREAMERS」新木場1stRING大会へ。“DREAMERS”とは、プロレスラー養成学校・はやてレスリングジムが開催するイベントの名称であり、そのリングに参戦する選手や練習生を指す。主宰者の“はやて”(元みちのくプロレス)がディック東郷らとともに興した、前身の「SUPER CREW」を引き継ぐ形で07年に発進し、1~2ヶ月に1度のペースでコンスタントに大会を開いている。
 縁あって、初めてDREAMERSの興行へ足を運んだが、いい意味で一種のショックを受けた。キャリア2~3年以下の門下生たち(“DREAMERS”)は粒ぞろい、“選手”の呼称に相応しい選手ばかりだった。はやて、守部宣孝、マッチョ☆パンプのほか、12人もの無名の“若手”が出場したが、驚いたことに“こりゃ正直、見るに堪えないな…”と思わせてしまうような者は皆無だった(それが驚いたことになってしまう、業界の全体的な現状は情けないかぎりだが……)。
 この日の試合を筆者なりの目で見て特に気になった選手を挙げれば、第2試合のシングル戦に弓矢固めで勝利した永利耕一、はやてら上位陣3選手が名を連ねたセミの6人タッグ戦を含む2試合に出場した広瀬隆、メイン(「DREAM TAG GP」決勝)で敗れた清水裕介といったところ。と言っても、よほどのマニアでも「ああ、あの選手!」と顔が思い浮かばないだろう。にもかかわらず、いくら小さなハコとはいえ場内の一体感、観衆の熱狂度は半端じゃない。
 関係者の話では、観客の大半が選手たちの直接の友人知人で、チケットをプレイガイド(プロレスショップ)には委託していないのだとか。“な~んだ、身内ばかりだから盛り上げるんだ”と考えたら甘い。いわゆるプロレスファンでない観客たちは、そんなに甘くない。選手たちの努力や向上が試合から見て取れなければ、たとえ付き合いでチケットだけは買っても、会場まで何度も足を向けてくれないはずだ。
 ところが、この日の観衆は、DREAMERSの楽しみ方をすっかり心得ていた。各選手の持ち味や得意技をしっかりインプットしている様子だ。いくつかのバンドがライブハウスに“対バン形式”で出演する際、各バンドが演奏を終えるたびにファンが入れ替わる光景をよく目にするが、そのように目当ての選手の試合が終わったからといって観客が次々と席を立つこともなかった。誰か1人だけのファイトにしか興味がない観客ばかりだったら、会場に一体感が生まれることなど望むべくもない。
 つまり、常連の観客たちはDREAMERS全体のファンになっていると見受けられる。それもそのはずで、各選手が十分に練習を積んでいるのは、体を見ても動きを見ても一目瞭然。選手たちの地道な努力の結果、大会を重ねるごとに全体的なレベルが上がっていけば、初めは誰か特定の選手だけを応援するためだけに足を運んでいた人たちも次第に“試合”を見る目を自然に養い、プロレスというよりDREAMERSのファンになっていくというものだろう。

 以前、このブログで「Ring of Dreams」と題して、 昨年の10月に起きた痛ましい事故について触れた(2008年12月31日付UP)。リングは、選手と観客の思いを繋ぎ、ともに夢を育てる場所である。そして、その神聖なリングには、誰でも立っていいわけではない(ましてや、火の付いた煙草を投げ捨てるなど言語道断)。“プロレスラー”のレベルやモラルが低下し、その資格が問われる昨今だが、DREAMESのリングには、その名に恥じない確かな“夢”を見ることができた。初夏の爽やかな風が心を吹き抜けた思いだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/190-e7fc956f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。