月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライセンス問題について
 三沢光晴選手の死亡事故を受け、“メジャー3団体”(新日本、全日本、ノア)主導によるプロレス統一機構(コミッション)設立・ライセンス発給の機運が高まっている。だが、この動きに対しては、大いなる疑問と抵抗感を覚える。
 昨年10月に由利大輔さんが練習中に亡くなった事故が、前記3団体間で協議が重ねられる契機となった。それから現在までの過程で、3団体それぞれが所属選手・フリー参戦選手にライセンスを発給し、相互の“通行手形”とするとの案が報じられた。つまり、ライセンス所持者は、3団体が認める“プロのプロレスラー”だということなる。
 しかし、そこには大きな矛盾がある。この3団体のマットに上がっている選手の中にも、いわゆる“インディー”の出身者はいるし、逆に3団体の出身者の中にも、現在この3団体に上がっていない選手もいる。まず、そこの部分の線引きはどうなるのか?
 3団体のマットで活動する選手だけがプロのプロレスラーで、それ以外は自称プロレスラーだというのであれば、昨日今日デビューに漕ぎ着けた新人も3団体の所属ならば“プロ”で、諸事情で主流からドロップアウトした選手は“自称”ということになってしまうが……。
 コミッションを設立してライセンスを発給したところで、コミッションに属さない団体またはライセンスを所持しない個人が開催する興行には“プロレス”の名称を使用させない(無断で使用すれば法的に罰せられる)ぐらいの規制力を持たなければ、コミッションもライセンスも有名無実と化す。“プロレスラー”粗製乱造の抑止力としての効果発揮を期待できない。
 では、どの団体にコミッションへの加盟を認め、どの選手にライセンスを発給するのか。また、そのジャッジを公平に下せる者がいるというのか。3団体に都合の良いコミッション・ライセンス制度になりそうなことは、目に見えてしまっている。
 そもそも、なぜ、この3団体の主導で動きが進められているのか? この3団体に所属・参戦しているレスラーは、誰もがプロのスポーツ選手として十分なレベルに達しているから? 残念ながら、そうは言い切れないと思う。彼らの中には、スポーツ選手としてのレベルには疑問符は付くが、ファンに愛されるキャラクターだから…という者たちが見受けられる(一部ベテラン選手も含めて)。
 そう。それがプロレスの正体なのだから。プロレスをスポーツと規定したいのなら、まずは“メジャー”を自認する3団体が襟を正し、大ベテランをも含む全所属・参戦選手に運動能力テストとメディカルチェックを施し、その結果を厳正に判断しなくてはならない。しかし、そんなことをやったが最後、プロレスはプロレスならではの醍醐味を失ってしまうことは、言うまでもないだろう。 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/197-d353ff41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。