月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影を慕いて~for the longest time~
 11月の初旬、前月に亡くなった剛竜馬さんに最も殴られた男であることを自負する、松崎和彦の闘いを追った――。
 松崎は、昭和最後の暮れに剛さんが、高杉正彦(ウルトラセブン)、アポロ菅原の両選手とともに設立したパイオニア戦志の第1回新人公募を知り、翌1989年に元号が変わって迎えた旗揚げ戦を前にパイオニアの門を叩いた、いわばインディペンデントの1期生。その年の10月、後楽園ホールにてエキビジョンマッチで初マットを踏んだものの、思うところあって一旦は師の元を離れた。しかし、雌伏の日々を過ごしたのち、3年後の92年に再起。やはり剛さんが興したオリエンタルプロレスの旗揚げに馳せ参じ、このマットで正式デビューを果たした。
 剛さんは、いわゆるインディーの指導者の中でも、昭和流の厳しく理不尽な教えを貫く代表格として知られた人。そんな師匠に、松崎は2度も弟子入りしたのだ。当然、“剛竜馬に最も殴られた男”となる。それでも、剛さんに厳しく鍛え上げられたことが、松崎にとって糧であり、誇りであり、己が己を認める証となっている(ライセンスみてぇな紙切れなんかより、そういう経験や自負がプロレスラーには必要なんだ)。
 パイオニア戦志から20年――師弟の絆は切れなかった。途切れかけたこともあったが、どこかで2人は繋がってきたのだ。そして、剛さんの死によって、その絆は永遠になった。
                090903a0002.jpg    090903a0005.jpg

 亡き師・剛竜馬とともに闘う松崎和彦。そこに興味があって、頑固プロレス11・1西調布、和志組11・5新木場、ガッツワールド11・8蕨と、その闘いを追った。3日間を通して見たものは、師の魂を守り伝えようとする松崎の心意気だったが、しかし、それは何も改めて見えたものではない。
 揺るぎない己のスタイルを確立した、松崎和彦という熟練のプロレスラーが目の前にいた。何のことはない。松崎和彦は、とっくに師・剛竜馬を昇華していたのだ。ある部分では、永遠に師に追いつけないだろう。だが、またある部分では、完全に師を凌駕した。
 プロレスラーとして最後の時を迎えるまで、いくら追おうとも亡き師の影に届くことはない。だから、追う必要はない。それでも彼は、師の影を慕いつつ、これからも続く長い道のりを歩き続けていくことだろう。松崎和彦とは、そんな男だ。

           091105aB050001.jpg   091105aB050109.jpg

写真撮影・提供:“022”国枝一之氏(4点とも) photos by Mr. Kazu Kunieda
撮影日:上2点=2009年9月3日、下2点=11月5日
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

さすが 活字屋!
【2009/11/25 22:32】 URL | 自衛仕 棒 #- [ 編集]

>自衛士 棒 さん
 お礼が遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
 さすがと言ってもらえると、活字屋冥利に尽きます!
【2009/11/26 01:46】 URL | 地伏丈(ブログ主) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/210-dc5fa81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。