月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日本5・4横浜文体ほかGWプロレス事情
 総勢42選手が登場した(6人タッグ6試合、タッグ1試合、シングル1試合)、大日本プロレスの旗揚げ15周年記念大会5・4横浜文体で特に印象に残ったのは、天龍&岡林VS関本&佐々木義人とWX&ウインガー&藤田ミノルVS山川&TAJIRI&谷口。
 天龍との初対決に進退を賭ける覚悟で臨んだという関本は、真っ向から天龍に肉弾戦を挑み、Mr.プロレスに位負けしない力強さを示した。パートナーの佐々木は関本より小柄なぶん、それをカバーするように思い切りよく天龍相手に攻め込み、持ち前の度胸を発揮した。また、どうしても天龍VS関本・佐々木に注目が集まる中、岡林も十分に健闘したと評価できる。
 それにしても……。関本がチョップ合戦で天龍に打ち負けなかったのは大したものだったが、裏を返せば、29歳の関本と渡り合ってしまう60歳の天龍は化け物だ。天龍に位負けしなかった姿を見て、「ああ、関本は真のトップレスラーになったな」などと思ってしまうのだから……。プロレスとは、本当に奥深いものだ。
 そして、大日本15年の歴史が詰まった、というよりも、90年代の大日本マットを彩ったメンバーによる6人タッグ戦。特別レフェリーとして中牧昭二が、あの池袋路上乱闘事件以来10年半ぶりの帰還を果たすサプライズもあり、その時代の“目撃者”にとっては感慨深いものがあった。……が、はっきり言って試合の中身は、ちょっと救いようがないぐらいグダグダになってしまった。
 この一戦の主役は完全に山川だった。つまり、言い換えれば、山川が“主犯”だったわけだ。それでも、どうにも締まらない試合を目の当たりにしながら、やっぱり“大日本”は山川なんだよなぁ……と、妙に納得させられた。ほとんど山川の独り相撲のような内容だったが、そんな空回りっぷりこそが山川らしさであり、それが一種の持ち味になってしまっているのだから、山川竜司とは奇特なレスラーである。
 伊東竜二、関本大介、葛西純がトップ3に君臨する、現行の大日本プロレスを支持するファン層の何割に、この6人タッグ戦の持つ意味合いが伝わっているのだろう?との思いが、試合を観ながら頭によぎりはした。しかし、BJWという略称が定着する以前の、“ミスター大日本”は紛れもなく山川竜司であると改めて強く認識させられた(実際、「ミスター大日本」なるマスクマンに変身したこともあったが……)。
 
 プロレス界全体に目を向けると、大日本5・4横浜の前々日、ノア5・2武道館ではシングルリーグ戦の決勝を、ともにキャリア19年目の秋山準と高山善廣が争い、43歳の高山が40歳の秋山を下した。UWFインター時代から日本武道館に慣れ親しんだ高山だが、武道館のメインで勝利を飾ったのは久々のことで、それも本人にとって格別だったようだ。その翌日、新日本5・3福岡では、真壁刀義が苦節13年にして、ついにIWGPヘビー級王座を手にした。一時は後輩の中邑、棚橋に大きくリードを許しながら、まさに執念でトップの座に立った。
 やはり、プロレスは長く見続ける価値のあるものだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/226-651e3def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。