月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5・22新木場――板倉VS岸和田(そして松崎)
 板倉広の復帰戦は、本人いわく「無様な」敗戦に終わった。
 マグニチュード岸和田という強大な壁に挑んだ板倉は、かつての後輩・藤田豊成の変貌ぶりと、約10年というブランクの長さを文字通り痛感したことだろう。
 ところどころで若手時代から得意とした技や動きを披露するものの、どれも単発的で攻勢に転じられないまま叩き伏せられたという印象。それでも、ラストライドで3カウントを奪われるまで14分34秒もの間、猛攻に耐え続けたのだから、むしろ健闘の部類に入れていいかもしれない。板倉に情けをかけなかったのは、岸和田なりの手荒い祝福であり、先輩に最大限の礼儀を尽くしたのだと受け止めた。
 試合後に観客の前で、板倉の調整不足を指摘しつつ「もっとコンディション作ってもう1回来い」と条件付きで“再挑戦”を認めた岸和田は、それがすべてとばかりに報道陣向けのバックステージコメントを出さず。翌日、その真意を電話で確認したところ、再戦の可能性については「板倉さんが(試合の結果と内容を)どう受け止めて、今後どうプロレスと向き合っていくのか」次第とのこと。「でも、板倉さん、松崎さん、平野さん、自分に松井……。本当に久々に、みんなが顔を揃えて懐かしかった」と、十数年ぶりの“オリプロ結集”に深い感慨を抱いたようだった。
 当日、板倉戦の前に岸和田はディック東郷とタッグを組み、田中将斗&黒田哲広と激闘を展開。いずれも90年代のインディーシーンから生まれ、プロレス界で一定のステータスを築いた選手ばかりだ(5・22新木場には、新日本マットで活躍中の外道も含め多士済々が集ったが、その全員がインディーの出身だったところに、大会の主催者・松井幸則レフェリーの無言の主張が感じられる)。
 東郷、田中、黒田と並んでも、決して“格落ち”しないだけのバリューを現在の岸和田は備えている。ここ数年で黒田とはランクを逆転した。「この世代の選手たちは、若い衆に負けない何かを持っている。勝ったけどヘトヘトだよ」(東郷)「今日は勝ったけど、(このメンバーなら)気持ちいいから何十回でも何百回でもやってやるぞ」(岸和田)が“順当勝ち”を収めた両者の弁(東郷が黒田をピン)。
 もし板倉が第一線を退かずに闘い続けていれば、彼らに匹敵するポジションに立っていたか否か……。それは考えても始まらないことだが、ここで岸和田が力の差を示さなかったら、板倉がブランクを過ごしていた間も体を張り続けてきた者たちは何だったんだとなってしまう。
 その意味で、板倉と対照的な存在が松崎和彦。若手時代、俊敏さに秀でる板倉は常に松崎らの前を走ってきた。それに比べて、とかく不器用と見られがちだった松崎は、決して派手さに走らず己のプロレス道を歩み続け、その結果、名バイプレイヤーとしてネームバリューやポジション以上の“個”を確立した。この日も第2試合のタッグマッチに出場し、キャリアの浅い相手コンビの技を一通り受け切った上で反撃し、“これを返せるはずがない!”という完璧な逆エビ固めでフィニッシュを奪ってみせた。現時点でのプロとしての力量の差は歴然だった。
 板倉と岸和田、あるいは板倉と松崎。こうした逆転劇にプロレスの醍醐味がある。ここから板倉はどう巻き返すのか。その先に“オリプロ復活”が見えるだろう。新たな楽しみが増えた。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/228-b7e9c839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。