月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷津引退&SPWF解散ツアー最終戦11・30新宿カード
 このところ重点的にフォローしてきた(当ブログ比)谷津嘉章引退&SPWF解散記念ツアーも、いよいよ最終戦の11・30新宿FACE(19:00~)を残すのみ。その11・30新宿の全カードは以下の通りに決定した。

 ①1/20 空牙 VS エキサイティング吉田
 ②1/30 嵐&ヒロ斉藤 VS KAMIKAZE&神威
 ③SPWFメモリアル・バトルロイヤル
 ④1/45 大森隆男&高智政光 VS 矢口壹琅&ザ・マーダラー
 ⑤1/60 谷津嘉章&維新力 VS 藤波辰爾&初代タイガーマスク
 

 メインのタッグマッチこそ“特別仕様”になったが、谷津の引退であると同時にSPWFのフィナーレを飾るにふさわしいカード編成に落ち着いたと感じる。
 第1試合で闘う両者は、ともにSPWF生まれのプロレスラーだ。吉田はアマチュアプロレスで活動したのち、94年7月にSPWF所属として正式に“プロデビュー”。「社会人プロレス」として発足したSPWFには、93年の旗揚げ当初から参加していた。空牙は、ユニバーサルプロレスの練習生を経て、95年10月にアジアン・クーガーとしてSPWFマットでデビュー。アジアン・コンドル(現在は沖縄でゴーヤーマスクに変身して活躍中)とともに前座戦線を沸かせ、ここから大きく羽ばたいていったのだった。
 第2試合には、SPWF初期のメンバーである嵐とKAMIKAZEが、それぞれ今シリーズ2度めの参戦。嵐こと高木功は、全日本から移籍したSWSを91年に離脱し、93年にPWCで復帰したが、その後またも姿を消し、94年2月にSPWFマットで再起している(嵐はWARを経てSPWF後期にも所属)。陣容が手薄だった当時のSPWFにあって、デビュー時から大型新人として期待をかけられ、マスクマンの『神風』に変身したのがKAMIKAZEこと丸山昭一だった。
 旗揚げ2年目の94年末には団体分裂騒動が起き、仲野信市、茂木正淑、『神風』らが去ると、これと入れ替わってSPWFマットに参戦するようになったのが、矢口、高智ら、新格闘プロレスの残党だった。矢口は忠実な僕ザ・マーダラーを従え、「神格闘十字軍」の教祖として谷津と敵対する立場からSPWFを支えた。一方、新人だった高智は谷津に素質を買われ、正パートナーに抜擢を受け、のちには谷津を慕ってWJ旗揚げに参加し、その後も行動をともにしてきた。別々の道を歩むことになった両者だが、もともとは兄弟弟子の間柄。矢口と高智の愛憎のドラマも、この日で清算となるのか――。
 以上、谷津自身が出場するメインを加え、すべてのカードに新旧のSPWF所属メンバーが名を連ね、谷津引退ツアーを彩ったヒロ、大森、維新力、そして藤波、初代タイガーらゲスト参戦組と絡み合い、ほどよいバランスでラインナップが並んだ。バトルロイヤル出場者も含め、さらにサプライズがあればあったでいいだろうが、もう十分に満腹できそうな顔ぶれが出そろったと言えるだろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/243-f8617711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。