月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊案内と6・3北千住
 前回の更新後、おかげさまで相変わらず慌しい日々を送り、そうこうしているうちに5月も終わってしまった。
 依然、「地伏丈」は潜伏中だが、そんなことは意に介さず高楊枝を決め込んでいるので、ご心配なく。何しろ、その名に隠された意味が「たとえ地に伏せていようとも、心は丈く」だから(もちろん、後付けだけれど)、どうにも余裕で構えている。そのぶん、一心同体の人(笑)が日夜、種々雑多な業務を消化しているわけだが……。
 そんな業務の一つである新刊ムック「新日本プロレス外国人大図鑑」(既刊の全日本編もよろしく)にて、究極の隠し玉が登場した。地伏丈の弟分ともいうべき、その新鋭の書き手の名は「黒原 洋」。彼の記憶力と知識には、かく言う地伏丈の影武者も舌を巻いたとか。

 さて、前回、大会直前も直前の当日に、ちらりと触れたガッツワールド5・12新木場だが、ここで2つの王座移動劇が起きた。まずセミファイナルで、吉野達彦&山田太郎の“やまびこコンビ”が執念のGWCタッグ王座奪取。当ブログ推奨株の達彦が初戴冠、腰に負傷を抱えた太郎もよく闘った。試合後、フレッシュな新王者チームの前にCHANGO&アミーゴ鈴木が挑発に現れ、6・3北千住でタイトル戦が決定。ここを乗り切って、初めて“やまびこ”は王者として胸を張れる。
 そしてメインのGWCシングル戦では、ガッツ石島が左足に肉離れを負った状態で田村和宏(U-STYLE)に挑み、絶体絶命まで追い込まれながら、奇跡の逆転勝利で虎の王座を奪還した。試合当日まで練習を再開できず、ぶっつけ本番でタイトル戦に臨んだというガッツは、悪魔同盟のセコンドの手を借りることなく、正攻法で闘い抜いてベルトを取り戻した。
 日頃は反則三昧のガッツらしからぬ根性のファイトは称賛されるが、松崎和彦を挑戦者に迎える6・3北千住の初防衛戦では、あの手この手を駆使してくることだろう。どんな手を使ってでも負けなければいいのが王者の特権だ。となると、ガッツの王座初防衛は動かないかといえば、そうとも言い切れない。昨年10月に大久保一樹から奪った頑固ヘビー級王座に年を跨いで君臨した衰えぬ実力もさることながら、キャリア20年のベテランとあって踏んできた場数の多さゆえの対応力やインサイドワークの点でも松崎は秀でている。むしろ、そうした側面が松崎のレスリングに幅の広さを与えていると言えよう。
 しかし、それでもガッツは初防衛に絶対の自信を持っているようで、命からがら王座を奪回したはずの5・12新木場の試合直後、「このベルトを持って外へ打って出てやる!」と早くも先を見越したコメントを飛ばした。百戦錬磨の実力者の挑戦を受けることにも、「5~6年前に北海道のアジアン・スポーツでシングルをやっているけど、その時から時代が動いていることを思い知らせてやる!」と鼻息も荒く豪語し、苦手意識など感じていない口ぶり。果たして、このガッツの自信は本物か、それとも空威張りに過ぎないのか、6・3北千住で明らかになる。
 当日は、同じ会場(北千住シアター1010)で夕刻16:30開始のガッツワールドの前に、13:00からJWP女子プロレスの興行が入っていて、こちらへも縁あって足を運ぶ予定。久々の女子プロかつダブルヘッダー取材に気を入れねば--。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/271-37dba3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。