月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道橋ふらっとん&北千住1010シアター
 5月29日(火)は、仕事帰りに水道橋のライブバー「ふらっとんTIMES」へ。
 大仁田厚の懐刀として、またミュージシャンとしても精力的に活動中の矢口壹琅は「二本の矢」(w/中澤矢束)で登場。相変わらずパワフルなステージだった。
                      file 012
 メキシコ帰りの“不死鳥”ハヤブサは、美人3姉妹ユニット「ちょっきんず」とともに登場。歌よりもメキシコ土産話が中心に…(笑)。かなり笑えるマル秘トークだった。
                                             file 020
 終演後にハヤブサ選手と話す機会を得られたが、言葉を交わすのはファイト時代以来13年ぶりだった。その後、ファイトの仕事を離れて最前線から退いていた時に、あの痛ましいリングアクシデントが起きた…。
 本当に久々の再会だったが、かつて取材を多く重ねたハヤブサ選手と会って、その当時には話せなかったことも話すことができてよかった。もちろん、これで長い空白を埋められたなどと言うつもりはない。ただ、この13年間、なんとなく疎遠になってしまっていたことが心に引っかかっていたのを、今さらながらに改めて思い知った。

 そして、このライブの“発起人”であるコマンド・ボリショイがトリに登場。左はサポートの「音楽仮面(笑)さん。自らを「永遠の初心者」と言うボリショイ選手だが、しっとりと聴かせてくれた。 
                  file 046

 そんな縁もあって、6月3日(日)の昼は、JWP北千住大会へ。女子プロの会場を訪れるのは、昨年1月のTommyレフェリー25周年記念興行以来。今年10月14日に新宿FACEで開かれるTommyプロレス生活30周年記念興行のパンフレット編集も前回に続いて承っているので、女子の大会も視察しておかなければ…。
 ほとんど予備知識なしに観て、門外漢の目に“掘り出し物”と映ったのは、第1試合に出場したモーリー。所属選手によるメインの8人タッグ戦(メンバーは当日発表)にも再登場したが、すでに常連ファンからは地力を認められていると見え、後押しするような声援を盛んに浴びていた。8人入り乱れての目まぐるしい攻防の末、奮戦のモーリーが中島安里紗のダルマ式ジャーマンに沈んで幕。決着後も収まらないモーリーを春山香代子がたしなめ、6・17東京キネマで両者のシングル戦が組まれた。ここで春山がモーリーの覚悟のほどを査定する、というわけだ。
         file 069            file 078

 JWPの後は、そのまま会場に残って(というか、合間にベテランカメラマンの山内さんと飲み食いして)、夕刻開始のガッツワールドを取材。
 GWCタッグ王座初防衛戦に臨んだ吉野達彦&山田太郎の“やまびこ”コンビは連係にも磨きがかかり、CHANGO&アミーゴ鈴木のインサイドワークに苦しめられながらも王座死守に成功した…かと思われた瞬間、カウント中のレフェリーが場外に引きずり下ろされて勝利が幻に。結局は悪魔同盟コンビに敗れ、虎の子のベルトを奪われてしまった。
 メインでは、GWCシングル新王者ガッツ石島が“最強のチャレンジャー”松崎和彦の猛攻を振り切ってV1に成功。左足肉離れの復調度合は「8割程度」と試合前に言っていた石島だが、その状態で松崎を退けてしまうのだから、早くも難攻不落の王者として長期政権を築きそうな気配が漂ってきた。
                   file 099
 この結果、ガッツワールドが認定する3王座(シングル、タッグ、6人タッグ)すべてが悪魔同盟の手中に。
 7・15西調布で達彦&太郎VSダイスケ&田村和宏のGWCタッグ王座挑戦者決定戦などが決まった。
 また、毎年恒例のダイスケ地元凱旋興行6・10茂木町(栃木)には大仁田厚、田中将斗が参戦。セミのシングル戦で若武者・達彦が田中に挑み、主役のダイスケは大仁田の援軍を受けて悪魔同盟成敗に乗り出す。

 ガッツワールド6・3北千住にはレギュラーメンバーのほかに、こんな人たちも…。
            file 091
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/272-ca8c09de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。