月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとでなし
 8日に遅ればせながら手に入れた『聖飢魔Ⅱ激闘録 ひとでなし』を読み終えた。歴代の構成員(俗に言う“メンバー”)をはじめとするスタッフら多くの関係者の膨大な証言を元に、バンド結成から解散を経て現在に至るまで約20年の歴史が、地球デビュー(俗に言う“プロデビュー”)以前から構成員たちを知る著者・山田晋也氏によって綴られている。
 プロのバンド(それも、あれだけ有名な)として14年も活動を続けていれば、その間に様々な出来事が発生する。初期に繰り返された悪魔事移動(俗に言う“メンバーチェンジ”)、デーモン閣下の女性スキャンダル発覚に前後して訪れた苦悩と低迷の時期、ソニーからBMGへの移籍etc。“ひとでなし”の構成員たちにも、それぞれ人並みに葛藤があった。
 セールス的にピークだったのは『蝋人形の館』ではなく、実は『白い奇蹟』(紅白で演奏したバラード調の曲、というかバラード)であり、それに続く『BAD AGAIN』だった。あらかじめ活動終了をプログラミングされていた1999年(魔暦元年)末を待たず、その3年前に解散が決断される寸前だった。…といった秘話が飛び出している。
 地球デビュー20周年を記念して昨年末、6年ぶりに期間限定で復活を果たした聖飢魔Ⅱだが、その再結集ミサ(俗に言う“ライヴ”)ツアーも終了。その模様を収めた大教典(俗に言う“アルバム”)や活動絵巻教典(俗に言う“DVD”)、そしてこの書は、これまで“食わず嫌い”してきた人たちが、聖飢魔Ⅱの音楽性や世界観に触れる最後のチャンスかとは思うが……。

             聖飢魔2激闘録ひとでなし 
 ここで長年の信者(俗に言う“ファン”)が過剰に力説しても、一般層は余計に“引く”だけだろう。ただ、オレは聖飢魔Ⅱを10代から聴いてきてよかったと改めて思っている。これからも聴いていく。そう言い切れるバンドがあって“いいだろう”という感じ。もっと言ってしまえば、“ざまぁみろ”といったところ。
 このどこがいいのかわからない人、わかろうとしない人たちに対して、“へぇ。一生わからなければ? まっ、わからないかもね~”と。いつの間にか力が入って挑発的になってしまって、“わかってもらえないのがシャクで逆ギレしてんの?”と思われちまうか(苦笑)。
 以前に“聖飢魔Ⅱとプロレスは(周囲の見方、反応という点で)似ている”と書いたけど、聖飢魔Ⅱというバンドの魅力もプロレスの醍醐味もオレには“わかる”んだ。オレのセンスには響く、ということだよね。試してみたけど肌に合わなかった人もいるだろう。最初から生理的に受け付けない人もいるだろう。
 でも、世間の評判(他人の感想)とかをバロメーターにして、自分なりの尺度や感性に当てはめないで物事を処理するタイプの人には……ひと言、「ご愁傷様です」かな(笑)。聖飢魔Ⅱがどう、プロレスがどうじゃなくて、“そんなんでいいの? アンタの人生”と。いいからそうやって生きてんだろうけど。こういうこと言うから、聖飢魔Ⅱの信者もプロレス者も理屈っぽいって言われるんだよな……(チャンチャン)。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/67-4a53f13f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。