月刊!? 夢うつつ…ジプシーの日々
                    ●※よろずライターにして謎のプロレス業界人~その酔狂で波乱万丈な日常
プロフィール

GypsyJohnny

Author:GypsyJohnny
職業:ライター&エディター。
 浮き草稼業歴約20年。謎のプロレス業界人として暗躍?(某F紙元記者)
愛猫家。adiラー(originals)。

心の師:放浪の殺し屋
少年時代のアイドル:黒い呪術師
男としての憧れ:戦慄のヒットマン

ニックネーム:ペンネームは「丈」(ジョー)なのに、なぜか(ごく)一部から「ジョニー」と呼ばれている……(某レスラーの“好きな有名人”。ちっとも有名じゃあないけど、何か!?)

スポーツ歴:ウェイトトレーニング
 (茅ヶ崎TSG元100kg会員)、
 なんちゃって空手

趣味:☆を見ること(笑)、
 ☆と語らうこと(爆)、
 鉄道旅(時刻表検定5級)、
 パンフ製作

好きなアーティスト☆:
 Kylie Minogue
好きな熟女☆:
 夏樹陽子、池上季実子、松原智恵子、高木美保、草刈民代
好きな女子アナ☆:赤江珠緒
好きな気象予報士☆:寺川奈津美
好きな女海賊☆:メリッサ(小早川知恵子)
好きなネットTV番組:「おっきなコバコ。」

愛唱歌:『JUMP』(忌野清志郎)、『MASQUERADE』(聖飢魔Ⅱ)、『男ばなし』(森進一)、『ど根性でヤンス』(梅さんのテーマ)


Standing on broken Dreams,
Chasing un・broken Dreams.
office Dreams since1999
      office_dreams@yahoo.co.jp  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球宴
 今年のプロ野球オールスター戦は面白かった! 特に藤川球児が清原を真っ向勝負で三振に斬って落とした2戦目。折から九州地方を襲った豪雨の影響によって、今回が初となるサンマリン宮崎でのオールスター実現が危ぶまれたが、当初の予定から1日順延されたのち24日(日)に無事、開催の運びとなった。
 今シーズンかぎりで現役を去る球界きっての“お祭り男”SHINJOの大活躍に、森本という後を継ぐパフォーマーも飛び出すなど、まさに球宴と呼ぶに相応しい内容だった。プロ野球人気の低迷が叫ばれる中、未来に向けて明るい兆しが見えたと言えるだろう。
 だが、あえて言いたい! 一旦は順延となった宮崎のゲームが24日も開催できなかった場合は、2戦目の開催は“不可能”となり、今年のオールスター戦は1試合だけになっていたという。不可能? そんなことはないだろう。
 たとえばサンマリン宮崎での開催がどうしても困難な場合、25日(月)に(雨天中止のない)同じ九州の福岡ドームで急遽、2戦目を振り替え開催する。もちろん、そうなるケースを考えて、あらかじめ代替球場を押さえておくわけだ。
 それでは(球場の使用料など)余計に費用がかかるが、そこはプロ野球機構およびセ・パ両連盟もケチケチしない、また各フランチャイズ球場も譲歩して協力する。とにかく、オールスター戦中止という事態だけは、人気低迷に歯止めをかけるため避けなければならない。
 公式戦再開に際し、オールスター出場選手の調整が厳しくなる? とぼけたことを言うんじゃない。そんなのは当たり前だ。選手たちはオールスターという晴れの舞台で自らの存在を広くアピールするチャンスを与えられているんだ。そして、彼らは、そのことを光栄に感じ、少しでも自分をアピールする場面が欲しいと思っているはずだ。だいたい、プロのスポーツ選手なんて、根がエエカッコしぃでなきゃやってられないんだから(笑)。
 いみじくも藤川が言っていた。“清原さんや(バッテリーを組んだ)古田さんは子供の頃から憧れていた特別な存在。その人たちとオールスターの舞台に立てて感無量”だと。そして“本当は(清原に)バックスクリーンに打ち込まれたかった”とも。オールスターという舞台の意味、プロの何たるかを端的に表現した発言ではないか!
 それなのに、やれ来季から早くも交流戦を縮小するなどと取り沙汰され、一部にはオールスター戦を1試合のみにしようとの言語道断な意見も出ているのだとか……。寝言は寝てから言え。そんな甘えたことを言っていられると思ってるのか?
 合併問題(その根本的な原因はプロ野球全体の人気低迷にある)に端を発する“再編・改造”に球界が揺れに揺れ、ようやく選手会が「ファンあってのプロ」であるという大前提に目覚め、各球団のオーナーサイドも選手とファンに歩み寄りを見せた…はずだっただろ。あれから、まだ2年しか経っていないんだぜ。
 低迷低迷と言ったって、オマエらは(選手も球団も)我がプロレス界の現状とくらべれば、まだまだ×100恵まれてるんだよ。今のうちにすべきなのは、勘違いしてアグラをかくことじゃないと思うけどぉ?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chibusejoe.blog50.fc2.com/tb.php/71-63a44193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。